意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お手本になる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「お手本になる」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「お手本になる」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「お手本になる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「お手本になる」とは?
  • 「お手本になる」の表現の使い方
  • 「お手本になる」を使った例文と意味を解釈
  • 「お手本になる」の類語や類義語


「お手本になる」とは?

「お手本になる」というのは「自分が手本として実行し、示す」という意味になります。

「手本」というのは見習うべき物事や模範という意味であり、自分がその手本になれるように模範を示す、という表現が「お手本になる」になります。

例えば学校の先生は生徒に対してお手本にならなければいけませんね。

上の子には下の子のお手本になってほしいと望む人もいるのではないでしょうか。

  • 「お手本になる」の読み方

「お手本になる」の読み方

「お手本になる」「おてほんになる」と読みます。

日常的にもよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「お手本になる」の表現の使い方

「お手本になるというのは見習うべき物事や模範を示す」という意味になります。

例えば、先輩社員たちは新入社員の「お手本になる」ように心がけたいですよね。

もしも子供が複数いる場合、上の子にはぜひ下の子のお手本になってほしいと考える人は多いのではないでしょうか。

また、幼稚園や小学校では年上の子供たちが年下の子供たちのお手本になるように、指導していきますよね。

「お手本になる」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「お手本になる」を使った例文1
  • 「お手本になる」を使った例文2

「お手本になる」を使った例文1

「年長の子供たちには年少の子供たちのお手本になってほしいと思っています」

最近は幼稚園でも、3歳ごろから入れる場所が増えましたね。

そして幼稚園は6歳の年長までの時間を過ごします。

年中や年長など、自分よりも年下の子供たちがいるという立場になると、本人の中にも「お手本になりたい」という意識が芽生えるのではないでしょうか。

また、先生たちも年下の子供たちのお手本になってほしい、と思いますよね。

「お手本になる」を使った例文2

「彼女は母親がお手本になっていたようです」

女性の中には、自分も母親のようになりたいと考える人が多いのではないでしょうか。

いつも優しくサポートしてくれた母親の姿を見て、「自分もそのような母親になりたい」「自分もそのような女性になりたい」と思う人も多いのではないでしょうか。

そのようなお手本がいるのは幸せなことです。



「お手本になる」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「模範となる」【もはんとなる】
  • 「見習うべき」【みならうべき】

「模範となる」【もはんとなる】

「模範となる」というのは「手本として扱うのが良いほど極めて優れている」「見習うべき」という意味です。

「人の模範となる」などと言われることもありますね。

「見習うべき」【みならうべき】

「見習うべき」というのは、「目標とすべき」「模範にすべき」という意味になります。

手本として扱えるほど優れているときに使われる表現です。

icon まとめ

「お手本になる」という表現は日常的にも使えますので、よく覚えておきましょう。

誰かのお手本になりたいですね。