意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忘れ勝ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「忘れ勝ち」という表現は、「記憶していたはずのことを忘れる傾向があること」を意味していて、「忘れ勝ちなので気をつけたい」などの文章で使用されます。

この記事では、「忘れ勝ち」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について詳しく解説していきます。

忘れ勝ち

Meaning-Book
「忘れ勝ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「忘れ勝ち」とは?
  • 「忘れ勝ち」の表現の使い方
  • 「忘れ勝ち」を使った例文と意味を解釈
  • 「忘れ勝ち」の類語や類義語


「忘れ勝ち」とは?

「忘れ勝ち」という表現は、「覚えているはずのことを、忘れる傾向があること」を意味しています。

「忘れ勝ち」というのは、「物忘れをする頻度が多いこと・頻繁に物事を忘れること」を意味している表現なのです。

「怒り勝ち・痛め勝ち」などにも使われる「~勝ち(~がち)」という用法は、「よく~する・頻繁に~する」「~する傾向があるさま」という意味合いを持っています。

  • 「忘れ勝ち」の読み方

「忘れ勝ち」の読み方

「忘れ勝ち」の読み方は、「わすれがち」になります。



「忘れ勝ち」の表現の使い方

「忘れ勝ち」の表現の使い方は、「覚えているはずの物事をよく忘れる場合」「物忘れをする傾向が見られる時」などに使うという使い方になります。

例えば、「昔の出来事を忘れ勝ちなので、最近は大事なことはメモを取るようにしています」といった文章で、「忘れ勝ち」の表現を適切に使用できます。

「忘れ勝ち」を使った例文と意味を解釈

「忘れ勝ち」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「忘れ勝ち」を使った例文1
  • 「忘れ勝ち」を使った例文2

「忘れ勝ち」を使った例文1

「年を取ると、簡単な言葉や今やるべき用事でも忘れ勝ちになってしまいやすいのです」

この「忘れ勝ち」を使った例文では、「忘れ勝ち」という言葉を、「覚えているはずのことを忘れる傾向がある」「物忘れする頻度が高い」といった意味合いで使っています。

「忘れ勝ち」を使った例文2

「仕事に追われて忙しい毎日を送っていると、部屋の掃除や靴洗いなどを忘れ勝ちです」

この「忘れ勝ち」を使った例文は、「部屋の掃除・靴洗いといった家事雑事を忘れやすい傾向がある」という意味合いで、「忘れ勝ち」の表現を使用しています。



「忘れ勝ち」の類語や類義語

「忘れ勝ち」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「忘れっぽい・抜けている」
  • 「物覚えが悪い・頻繁に忘れる」

「忘れっぽい・抜けている」

「忘れ勝ち」という表現は、「記憶しているはずのことを忘れっぽい」「どこか抜けていてよく物忘れをする傾向がある」ということを意味しています。

「抜けている」という表現は、「頭・思考がしっかりしていないさま」を意味しています。

これらの意味から、「忘れ勝ち」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「忘れっぽい・抜けている」を上げられます。

「物覚えが悪い・頻繁に忘れる」

「忘れ勝ち」という言葉は、「物覚えが悪くて、頻繁に物事を忘れる傾向があること」「物忘れする頻度が高いこと」を意味しています。

その意味合いから、「物覚えが悪い・頻繁に忘れる」という表現を、忘れる傾向が見られることを示す「忘れ勝ち」の類義語として考えることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「忘れ勝ち」の表現には、「頻繁に物忘れをする傾向が見られるさま」などの意味があります。

「忘れ勝ち」の類語・類義語として、「忘れっぽい・抜けている」「物覚えが悪い・頻繁に忘れる」などがあります。

「忘れ勝ち」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。