意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「訪い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「訪い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「訪い」という言葉を使った例文や、「訪い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「訪い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「訪い」とは?
  • 「訪い」を使った例文や短文など
  • 「訪い」の類語や類義語・言い換え


「訪い」とは?

「訪い」という言葉を知っているでしょうか。

「友達の訪いを待つ」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「訪い」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「訪い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「訪い」の読み方
  • 「訪い」の意味

「訪い」の読み方

「訪い」「おとない」と読みます。

かなり読み方が難しいため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に、「訪い」「おとない」と読みましょう。

「訪い」の意味

「訪い」には、どのような意味があるでしょうか。

「訪い」には、「訪れ」「訪問」という意味があります。

「友達の訪いを待つ」という言葉には、友達が部屋などにやってくるのを待つという意味があります。

このように「訪い」という言葉には、「訪れ」「訪問」という意味があります。



「訪い」を使った例文や短文など

続いて「訪い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「訪い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「訪い」を使った例文1
  • 「訪い」を使った例文2

「訪い」を使った例文1

「取引先の担当者が、お土産を持ち『訪い』をしてくれた」

この例文は、取り妃の担当者が、わざわざお土産を持って訪問してくれたという場面になります。

偶然近くに寄ったためかもしれませんし、近々仕事の話があるためかもしれません。

このように「訪い」には「訪問」という意味があります。

「訪い」を使った例文2

「いつまでも、白馬の王子の『訪い』を待っていても仕方がない」

この例文は、白馬の王子様がやってきたら、結婚したいと恋愛に対して受け身の女性に対して、たしなめている文章になります。

白馬の王子様の訪問がなければ、一生恋愛できないのでは困るためです。

「訪い」の類語や類義語・言い換え

「訪い」の類語や類似表現を紹介します。

「訪い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「訪問」【ほうもん】
  • 「訪れ」【おとずれ】

「訪問」【ほうもん】

「訪問」には「人を訪ねること」「他人の家などを訪れること」という意味があります。

「会社訪問をする」「知人の家を訪問する」などという使い方をします。

「訪れ」【おとずれ】

「訪れ」には「訪れること」という意味があります。

「春の訪れ」には、「春が訪れた」という意味があります。

「夜の訪れを知らせる夕陽」などと言う使い方をします。



icon まとめ

「訪い」という言葉について見てきました。

誰かが訪れた時、訪問したのに気付いた時に、「訪い」という言葉を使ってみましょう。