意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「低姿勢」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「低姿勢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「低姿勢」という言葉を使った例文や、「低姿勢」の類語を紹介して行きます。

低姿勢

Meaning-Book
「低姿勢」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「低姿勢」とは?
  • 「低姿勢」を使った例文や短文など
  • 「低姿勢」の類語や類義語・言い換え


「低姿勢」とは?

「低姿勢」という言葉を知っているでしょうか。

「低姿勢な人」の姿が思い浮かんだかもしれません。

一方で、「低姿勢」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「低姿勢」という言葉の意味を紹介します。

  • 「低姿勢」の読み方
  • 「低姿勢」の意味

「低姿勢」の読み方

「低姿勢」は、「ていしせい」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「低姿勢」は、「ていしせい」と読みましょう。

「低姿勢」の意味

「低姿勢」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「低姿勢」には、「相手に向かって、姿勢を低く構えること」という意味があります。

また「相手に対して、へりくだった態度を取ること」という意味があります。

いつでも相手に向かってへりくだった態度を取る人は、「低姿勢な人」と呼ばれます。

このように、「相手に向かって、姿勢を低く構えること」「相手に対して、へりくだった態度を取ること」という意味があります。



「低姿勢」を使った例文や短文など

続いて「低姿勢」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「低姿勢」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「低姿勢」を使った例文1
  • 「低姿勢」を使った例文2

「低姿勢」を使った例文1

「仕事相手が『低姿勢』で、こちらが恐縮してしまう」

この例文は、仕事相手がへりくだった態度を取ったため、恐縮してしまったという文章になります。

相手の会社が大きい場合、偉そうな態度を取る担当者もいる中で、「低姿勢」は人がいると、嬉しい気持ちと、申し訳ない気持ちになるかもしれません。

「低姿勢」を使った例文2

「年齢や立場に関係なく、どの相手にも『低姿勢』でいたい」

この例文のような心がけの人もいるでしょう。

年齢が上とか下に関わらず、相手の立場や性別も考慮せずに、いつでもへりくだった態度を取りたいと思う人たちです。

このような「低姿勢」な人と一緒に仕事をすると、気分よく仕事ができるのではないでしょうか。

「低姿勢」の類語や類義語・言い換え

「低姿勢」の類語や類似表現を紹介します。

「低姿勢」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「腰の低い」【こしのひくい】
  • 「控え目」【ひかえめ】

「腰の低い」【こしのひくい】

「腰の低い」という言葉には、「他人に対して、へりくだっている」という意味があります。

「偉い人ほど、腰の低い人が多い」という言葉には、社会的立場が上の人ほど、他人に対してへりくだった態度の人が多いという意味があります。

「控え目」【ひかえめ】

「控え目」には、「思うままにせず、内輪にとどめること」という意味があります。

「控え目な性格」「控え目な女性」などという使い方をします。



icon まとめ

「低姿勢」という言葉について見てきました。

相手に向かって姿勢を低く構える時、相手に対してへりくだった態度を取る時、「低姿勢」という言葉を使ってみましょう。