意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敬い」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「敬い」という言葉を色々な場面で耳にしたり、実際に使ったことがあるかと思います。

この言葉には、とても深い気持ち示した言葉の1つですが、ごくあり触れた言葉でもあるので、改めてこの言葉のことを振り替えるような機会が少ないかもしれません。

そこでここで、「敬い」について、考えていくことにします。

敬い

Meaning-Book
「敬い」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「敬い」とは?
  • 「敬い」の表現の使い方
  • 「敬い」を使った言葉と意味を解釈
  • 「敬い」を使った例文と意味を解釈
  • 「敬い」の類語や類義語


「敬い」とは?

「敬い」とは、「人や神仏を尊いものと考えて、それを行動や態度のこと」「尊敬する気持ちや行動」という意味になります。

  • 「敬い」の読み方

「敬い」の読み方

「敬い」「うやまい」という読み方になりますが、普通に使われている言葉でもあるので、ここで再確認する意味で、きちんとチェックしておくようにしましょう。



「敬い」の表現の使い方

「敬い」とは「尊敬すること」という意味になりますので、神や神仏に強い気持ちで崇めることや、偉人に対して尊敬するような時に使われることになります。

「敬い」を使った言葉と意味を解釈

「敬い」を使った言葉としては、次のようなものがあります。

  • 「敬いの気持ち」

「敬いの気持ち」

「敬いの気持ち」とは「尊敬の念」ということで、相手を尊いと思う時に使います。

会社の上司や先輩、あるいは両親に祖父母など、多くの目上の人達に対して、「年上の人として、礼を尽くして尊敬をすること」も当然ですが、年齢を問わず、常に人を敬う気持ちは、とても大切なことです 「敬い慕う」 「敬い慕う」とは、「敬いと同時に相手に心を寄せること」という意味で使われます。

単なる「人を愛する」というだけでなく、そこに「尊敬の気持ち」も含まれていることになります。



「敬い」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「敬い」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることしましょう。

  • 「敬い」を使った例文1
  • 「敬い」を使った例文2

「敬い」を使った例文1

「死者を敬い弔うことが、他人としてのやるべきことだ」

たとえどのような相手であっても、死んだ人に対しては、その死を悼み遺族に悔やみみの気持ちを持つことが大切です。

戦国時代を見ると、戦いに明け暮れていた環境であっても、敵方が命を落とした時に、「敬い弔う」ことを大切にしていました。

他人への思いが希薄な現代社会においては、改めて認識すべきことだと思います。

「敬い」を使った例文2

「天を敬い、人を愛することが、私達の本来のやるべきことです」

「天を敬う」とは「神への敬い」ということを指しており、「人を愛する」「家族・隣人・友人全てに対しては、愛する気持ちを持つ」という意味になり、人のあるべき姿を示しています。

「敬い」の類語や類義語

「敬い」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「敬畏」【けいい】
  • 「恭謙」【きょうけん】

「敬畏」【けいい】

「敬畏」という言葉が「敬い」に近い意味を持つ類義語として挙げることができます。

ただ「敬い」よりも尊敬の度合いが強く「尊敬する気持ちが強く、単純に敬いだけでなく、畏れながら心から尊敬して崇めること」という意味で使われています。

「ほめ称えられていること」「尊重され敬意を払われていること」という意味でも解釈することができます。

「恭謙」【きょうけん】

「恭謙」という言葉も類義語になり、「慎み深く、へりくだった態度であること」という意味になりますが、あまり使われる機会が少ない言葉でしょう。

icon まとめ

「敬い」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、そんなに珍しい言葉ではないめに、ここで改めて理解したことで、言葉の重みを再認識できたのではないでしょうか?

神や神仏を敬うことも尊いことですが、周りの人に感謝して「敬い」の気持ちを懐くことが、とても大切なのです。