意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「到頭」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「到頭」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「到頭」という言葉を使った例文や、「到頭」の類語を紹介して行きます。

到頭

Meaning-Book
「到頭」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「到頭」とは?
  • 「到頭」を使った例文や短文など
  • 「到頭」の類語や類義語・言い換え


「到頭」とは?

「到頭」という言葉を知っているでしょうか。

「到頭、ゲームのエンディングを見られた」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「到頭」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「到頭」という言葉の意味を紹介します。

  • 「到頭」の読み方
  • 「到頭」の意味

「到頭」の読み方

「到頭」「とうとう」と読みます。

あまり見慣れない言葉のため、正しく読むのが難しいかもしれません。

これを機会に「到頭」「とうとう」と読みましょう。

「到頭」の意味

「到頭」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「到頭」には「物事が最終的にそうなる様子」という意味があります。

「ついに」「結局」という意味があります。

「到頭、ゲームのエンディングを見られた」という文章には、ついにゲームをクリアして、エンディングを見られたという意味があります。

このように「到頭」という言葉には「物事が最終的にそうなる様子」という意味があります。



「到頭」を使った例文や短文など

「到頭」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「到頭」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「到頭」を使った例文1
  • 「到頭」を使った例文2

「到頭」を使った例文1

「部員がミスを繰り返し『到頭』、部長が本気で怒る」

この例文は部員たちが様々なミスを繰り返した結果、ついに部長が怒ったという場面になります。

物事が最終的にどうなったかを「到頭」という言葉で表現できますが、ミスを繰り返した結果、最終的に部長が怒ったという文章になっています。

「到頭」を使った例文2

「十年の付き合いを経て、『到頭』結婚した」

この例文は、十年という長い交際期間を経て、ついに二人が結婚したという文章になります。

このように「ようやく」と周囲の人が感じるような出来事に対して「到頭」という言葉を使ってみましょう。

「到頭」の類語や類義語・言い換え

「到頭」の類語や類似表現を紹介します。

「到頭」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ついに」
  • 「やっと」

「ついに」

「ついに」には「長い時間の後に、最終的にある結果に達する様子」という意味があります。

「ついに、最終回」「ついに、結末を迎える」などという使い方をします。

「やっと」

「やっと」には「長い時間や労力を費やした結果、実現成立する様子」という意味があります。

「やっと、夢がかなう」という言葉には、長い時間夢の実現のため時間や労力を費やした結果、夢が現実になるという意味があります。



icon まとめ

「到頭」という言葉について見てきました。

物事が最終的にそうなる様子や、ついにと感じた時、「到頭」という言葉を使ってみましょう。