意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「存続し続ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「存続し続ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「存続し続ける」という言葉を使った例文や、「存続し続ける」の類語を紹介して行きます。

存続し続ける

Meaning-Book
「存続し続ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「存続し続ける」とは?
  • 「存続し続ける」を使った例文や短文など
  • 「存続し続ける」の類語や類義語・言い換え


「存続し続ける」とは?

「存続し続ける」という言葉を知っているでしょうか。

「存続し続ける会社」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「存続し続ける」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「存続し続ける」という言葉の意味を紹介します。

  • 「存続し続ける」の読み方
  • 「存続し続ける」の意味

「存続し続ける」の読み方

「存続し続ける」「そんぞくしつづける」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「存続し続ける」「そんぞくしつづける」と読みましょう。

「存続し続ける」の意味

「存続し続ける」にはどのような意味があるでしょうか。

「存続し続ける」には、「同じ状態や性質を保ってあり続ける」という意味があります。

「存続し続ける会社」とは、倒産、合併せずに現在も会社が続いているという意味になります。

このように、「存続し続ける」という言葉には、「同じ状態や性質を保ってあり続ける」という意味があります。



「存続し続ける」を使った例文や短文など

続いて「存続し続ける」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「存続し続ける」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「存続し続ける」を使った例文1
  • 「存続し続ける」を使った例文2

「存続し続ける」を使った例文1

「わが社が『存続し続ける』ためには、何を大切にすべきか考える」

この例文は、自分たちの会社が、未来まで同じ状態を保ち続けられるよう、話し合いをしている場面です。

時代は次々と変わって行くため、このように「存続し続けるための話し合い」は必要かもしれません。

「存続し続ける」を使った例文2

「同じ王朝が、『存続し続ける』ことはない」

この例文のように、どんなに繁栄した王朝でも、同じ状態を保ち続けることはなく、滅びて行きます。

日本では300年続いた徳川家の時代も、黒船来航をきっかけに終わりを迎えました。

世界を見渡しても、ずっと同じ王朝の国はひとつもないでしょう。

「存続し続ける」の類語や類義語・言い換え

「存続し続ける」の類語や類似表現を紹介します。

「存続し続ける」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「継続する」【けいぞくする】
  • 「居残る」【いのこる】

「継続する」【けいぞくする】

「継続する」には、「前から行っていることを、そのまま続けること」という意味があります。

「練習を継続する」という言葉には、前からしている練習をそのまま続けるという意味があります。

「居残る」【いのこる】

「居残る」には、「他の人が帰った後まで残る」という意味があります。

また「決められた時間よりも後まで残る」という意味があります。

「居残り勉強」などという使い方をします。



icon まとめ

「存続し続ける」という言葉について見てきました。

同じ性質や状態を保って、あり続ける何かを見た時、「存続し続ける」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。