意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「縁遠い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「縁遠い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「縁遠い」という言葉を使った例文や、「縁遠い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「縁遠い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「縁遠い」とは?
  • 「縁遠い」を使った例文や短文など
  • 「縁遠い」の類語や類義語・言い換え


「縁遠い」とは?

「縁遠い」という言葉を知っているでしょうか。

「縁遠い人」の顔が浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「縁遠い」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「縁遠い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「縁遠い」の読み方
  • 「縁遠い」の意味

「縁遠い」の読み方

「縁遠い」「えんどおい」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「縁遠い」「えんどおい」と読みましょう。

「縁遠い」の意味

「縁遠い」という言葉の意味を紹介します。

「縁遠い」には、「良い結婚相手になかなか巡り会えない人」という意味があります。

「縁遠い人」は、いつ結婚してもおかしくない人柄なのに、良い相手に巡り会えない人という意味があります。

また「極めて関係が薄い」という意味もあります。

このように、「縁遠い」という言葉には、「良い結婚相手になかなか巡り会えない人」「極めて関係が薄いこと」という意味があります。



「縁遠い」を使った例文や短文など

続いて「縁遠い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「縁遠い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「縁遠い」を使った例文1
  • 「縁遠い」を使った例文2

「縁遠い」を使った例文1

「彼は同じ会社だが、『縁遠い』ため、ほとんど話したこともない」

この例文は、同じ会社にいるのに、関係が薄いため、ほとんど話したことがないという意味の文章になります。

会社津止をしている人の中には、同じように感じる「縁遠い人」がいるかもしれません。

「縁遠い」を使った例文2

「彼女は美人だが『縁遠い』人だ」

この例文に登場する女性は、美人なのに、良い結婚相手になかなか巡り会えないようです。

恋愛はするものの、結婚まで進めない、または交際相手が信頼できない人なのかもしれません。

このように、なかなか結婚できず独身な人を「縁遠い人」と呼びます。

「縁遠い」の類語や類義語・言い換え

「縁遠い」の類語や類似表現を紹介します。

「縁遠い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「結婚に縁がない」【けっこんにえんがない】
  • 「出会いに恵まれない」【であいにめぐまれない】

「結婚に縁がない」【けっこんにえんがない】

「結婚に縁がない」には、「なかなか良い結婚相手が現れない」という意味があります。

また「ずっと独身の人」に対して「結婚に縁がない人」などと言います。

「出会いに恵まれない」【であいにめぐまれない】

「出会いに恵まれない」という言葉には、「良い結婚相手との出会いがない」という意味があります。

「彼女は家庭的でかわいいのに、出会いに恵まれない」などと言います。



icon まとめ

「縁遠い」という言葉について見てきました。

結婚相手がなかなかみつからず、独身のままの人を見た時などに、「縁遠い」という言葉を使ってみましょう。