意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「重作業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「重作業」という表現は、自分の身体(体力・筋力)を使って働く肉体労働の現場で見聞きすることの多い表現ですが、実際にはどのような意味・文脈で使われているのでしょうか?「重作業」という言葉の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」などについて、分かりやすく解説します。

重作業

Meaning-Book
「重作業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「重作業」とは?
  • 「重作業」の表現の使い方
  • 「重作業」を使った例文と意味を解釈
  • 「重作業」の類語や類義語


「重作業」とは?

「重作業」という表現は、「肉体的・体力的な負担が大きい大変な作業」「身体を酷使したり疲弊させたりするハードな作業・きつい仕事」のことを意味しています。

「重作業」というのは、「身体の体力・筋力を使って行うハードな肉体労働」「身体への負担が大きいハードな作業」のことを意味している表現なのです。

  • 「重作業」の読み方

「重作業」の読み方

「重作業」の読み方は、「じゅうさぎょう」になります。



「重作業」の表現の使い方

「重作業」の表現の使い方は、「肉体的・体力的な負担が大きいハードな作業」「身体を酷使して疲弊させる大変な肉体労働」のことを指示して使うという使い方になります。

例えば、「室内で過ごす時間が長い現代人の大半は、暑さ寒さの厳しい屋外の現場で行う重作業には慣れていません」といった文章で、この言葉を使うことができます。

「重作業」を使った例文と意味を解釈

「重作業」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「重作業」を使った例文1
  • 「重作業」を使った例文2

「重作業」を使った例文1

「重作業に従事する時には、体調管理と睡眠時間の確保に十分注意しておかなければなりません」

この「重作業」を使った例文は、「身体を酷使して疲弊させるきつい作業」という意味合いで、「重作業」の表現を使っています。

「重作業」を使った例文2

「体力のない彼女は慣れない重作業と厳しい寒さによって、急速に衰弱の度合いを強めていきました」

この「重作業」を使った例文では、「重作業」の表現を「(厳しい寒さにさらされる屋外での)肉体的な負担の大きいハードな作業」という意味合いで使用しています。



「重作業」の類語や類義語

「重作業」の類語・類義語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「肉体労働・重労働」
  • 「きつい作業・ハードワーク」

「肉体労働・重労働」

「重作業」という表現は、「身体的・体力的な負担が大きな肉体労働」「肉体を酷使して働く厳しい重労働」のことを意味しています。

それらの意味合いから、「肉体労働・重労働」という表現を、「重作業」とほぼ同じ意味合いを持つ類語(シソーラス)として解釈できます。

「きつい作業・ハードワーク」

「重作業」という言葉は、「肉体的な負担が大きくてきつい作業」「身体・精神(神経)を酷使して疲弊させるようなハードワーク」を意味しています。

これらの意味から、「重作業」と近しい類似した意味を持つ類義語として、「きつい作業・ハードワーク」という表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「重作業」の表現には、「肉体的な負担の大きな作業」「身体を酷使したり疲弊させたりするきつい作業」などの意味があります。

「重作業」の類語・類義語として、「肉体労働・重労働」「きつい作業・ハードワーク」などがあります。

「重作業」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。