意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見込めない」とは?意味や類語!例文と解釈

「見込めない」と使うシチュエーションは、決して好まれるものではないでしょう。

Meaning-Book
「見込めない」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「見込めない」とは?
  • 「見込めない」の表現の使い方
  • 「見込めない」を使った言葉と意味を解釈
  • 「見込めない」を使った例文と意味を解釈
  • 「見込めない」の類語や類義語


「見込めない」とは?

「見込めない」とは、「期待ができない」時に使う言葉です。

「当分の間、新入荷は見込めない」とすると、当分は新しく入荷してくることは期待できないという意味になります。

「期待」という言葉自体が色々な対象に使われますが、その全てに対してこの「見込めない」で置き換えられると考えていいでしょう。

「勝利は期待できないよ」も、「勝利は見込めないだろう」とすれば同じ意味です。

  • 「見込めない」の読み方

「見込めない」の読み方

「見込めない」は、「みこめない」と読む言葉です。

語尾に「ない」を付けて否定表現にしていることから、「見込める」という言葉もあると分かります。

その「見込める」は、全く逆の「期待できる」と使います。

どちらも「期待」というレベルなので、必ずそうなるとは限らず、「見込めない」と使った対象についても思わぬ結果になることがあるかも知れません。



「見込めない」の表現の使い方

「見込めない」ことは、期待ができない、希望がないことと同じですが、どれほどの確率でそれなのかまでは言及していない表現の為、うまくいくか五分五分という程度でもこの言葉を使ってしまう場合があります。

最初からそれほど期待しないでおけば、駄目だった時のショックも少なく済むといった考え方がありますが、その為にこの言葉を用いるのであれば、「見込めないかも知れない」のような形にすると、少し意味が弱くなってピッタリです。

「見込めない」を使った言葉と意味を解釈

「見込めない」を使ったよく見聞きする言葉です。

これらの例からも、色々な対象に使えると分かります。

  • 「回復が見込めない」
  • 「効果が見込めない」

「回復が見込めない」

何かの状況が悪くなっている時にこのように使うと、その状況から回復することは期待できないとなります。

病状に対して使われることも多いです。

「効果が見込めない」

効果を期待するのは難しいと使う言葉です。

色々なことに使える表現で、基本的には何かの対策を施したものの、その効果は期待できないだろうと思った時に使います。

また、第三者が施したことに対して使うこともできます。



「見込めない」を使った例文と意味を解釈

「見込めない」を使った例文と、その意味の解釈です。

いい意味で使う言葉ではないので、どうしてもネガティブな例分になってしまいます。

  • 「見込めない」を使った例文1
  • 「見込めない」を使った例文2

「見込めない」を使った例文1

「V字回復はさすがに見込めないので、少しでも善処して欲しい」

V字回復とは、下がった勢いと同じ度合いでの回復のことですが、そこまでの回復には期待できないものの、少しでも回復させるように頑張って欲しいと言っています。

「見込めない」を使った例文2

「完全な復活はとても見込めない」

完全な形まで戻すことはまず期待できないと言っている使い方です。

故障したスポーツ選手などにこのように使われることがあると、全盛期の姿まで戻るのは難しいだろうという意味になります。

「見込めない」の類語や類義語

「見込めない」と似た解釈で使える言葉です。

少し意味は異なりますが、回復や復旧度合いに対して使うとよく似た意味になります。

  • 「改善されない」【かいぜんされない】

「改善されない」【かいぜんされない】

「よくならない」と置きえられる表現です。

「~の回復(復旧)は見込めない」は、この言葉を使って「~は改善されないだろう」と言い換えることができます。

元から悪かった、または悪くなってしまったこと(もの)に対して、それが元通りの状態に戻ったり、それ以上の状態になることは期待できないと使う為の表現です。

icon まとめ

「見込めない」と表現されると、希望が無くなってしまいますが、本当にそう思って使っているかまでは分からない言葉なのが難しい部分だと言える言葉です。