意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「維持管理」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「維持管理」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「維持管理」という言葉について詳しく紹介していきます。

維持管理

Meaning-Book
「維持管理」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「維持管理」とは?
  • 「維持管理」の表現の使い方
  • 「維持管理」を使った例文と意味を解釈
  • 「維持管理」の類語や類義語


「維持管理」とは?

「維持管理」というのは「施設の点検や運転」「維持や修正をすることで施設を正常に保つ」という意味になります。

よくテレビなどでも聞く表現ですよね。

この表現は1990年ごろから使われるようになりました。

新しいものを作り上げ、古いものを新しいものに取り替えていくのではなく、いちど作ったものをきちんと維持して適切に管理するということが重視される時代になったのです。

  • 「維持管理」の読み方

「維持管理」の読み方

「維持管理」「いじかんり」と読みます。

施設などを運営する上で非常に重要な表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「維持管理」の表現の使い方

新しい施設や設備をつけたとき、それをきちんと「維持管理」していくことが重要になります。

例えば、学校では電子スライドやパソコンなど、常々新しい設備を導入していきますよね。

しかし、それらをきちんと利用するためには普段から正常に動いているかどうか確認していなければいけません。

これが「維持管理」になります。

普段から動きが正常であるかチェックし、問題があれば修繕し、いざ使いたい時に使えるようにしていかなければいけません。

これを「維持管理」と言います。

「維持管理」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「維持管理」を使った例文1
  • 「維持管理」を使った例文2

「維持管理」を使った例文1

「維持管理をすることで製品は長持ちしますよね」

製品を長く利用するためにはきちんと維持管理をしなければいけません。

たとえパソコンなどを導入しても、それをきちんと維持管理していなければいつか使えなくなってしまいます。

きちんと点検しておけばわかったような不具合なども見逃すことになり、それではもったいないですよね。

製品を長持ちさせるためには維持管理が大切だといえます。

「維持管理」を使った例文2

「維持管理にはそれなりのお金がかかります」

何かを導入し、維持管理のためにはそれなりにお金がかかりますよね。

導入するだけでもそれなりにお金がかかるものですが、「定期的に点検し、不具合が生じた場合に修理する」などということであればプラスのお金がかかるものです。

そのため、何かの維持管理には予算が必要であるということも覚えておかなければいけません。

安全に利用するためには、きちんと投資する必要があります。



「維持管理」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「点検」【てんけん】
  • 「運営」【うんえい】

「点検」【てんけん】

「点検」というのは「悪い箇所や異常がないか検査する」という意味になります。

「火の元を点検する」などと言われます。

「運営」【うんえい】

「運営」とは「運び営む」という意味になります。

機能が発揮できるように組織を運び営む、という意味です。

icon まとめ

「維持管理」という表現は何かを運営するときによく使われる表現ですから、ぜひ知っておきましょう。

必要な時に使えるよう、しっかりと「維持管理」をしたいですね。