意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予備知識」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「予備知識」を持っていることによって、いろいろな問題を解決できたり困難な状況を抜け出したりできることがありますが、「予備知識」という表現にはどのような意味があるのでしょうか?この記事では、「予備知識」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について分かりやすく解説します。

予備知識

Meaning-Book
「予備知識」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「予備知識」とは?
  • 「予備知識」の表現の使い方
  • 「予備知識」を使った例文と意味を解釈
  • 「予備知識」の類語や類義語


「予備知識」とは?

「予備知識」という表現は、「ある物事(活動)をする前に、知っておく必要のある知識」「必要な時に備えてあらかじめ持っておく知識」のことを意味しています。

「予備知識」「予備」という言葉は「必要になった時のために事前に準備しておくこと」を意味していて、「知識」という言葉は「ある物事について知っている内容・認識して理解すること」を意味しているのです。

  • 「予備知識」の読み方

「予備知識」の読み方

「予備知識」の読み方は、「よびちしき」になります。



「予備知識」の表現の使い方

「予備知識」の表現の使い方は、「ある物事(活動)を実行する前に、知っておく必要のある知識」「あらかじめ準備している知識」を指して使うという使い方になります。

例えば、「高層ビル・橋梁などにおける高所作業は、予備知識と経験を持っていない素人がいきなり従事するにはリスクがあり過ぎます」といった文章で使うことができます。

「予備知識」を使った例文と意味を解釈

「予備知識」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「予備知識」を使った例文1
  • 「予備知識」を使った例文2

「予備知識」を使った例文1

「Excelのワークシートを活用した会計業務は、予備知識があればそれほど難しい仕事ではありません」

この「予備知識」を使った例文では、「実際にその仕事をする前から、あらかじめ持っているExcelの操作に関する知識」という意味で、「予備知識」という表現を使っています。

「予備知識」を使った例文2

「予備知識なしで、ザイル(ロープ)やピッケルを使う冬山の岩壁登攀(クライミング)をするのはあまりに危険すぎます」

この「予備知識」を使った例文は、「予備知識」という言葉を、「実際に登山をする前から持っている冬山の岩壁登攀(クライミング)に関する知識」「実践に備えてあらかじめ持っているクライミングの知識」という意味合いで使用しています。



「予備知識」の類語や類義語

「予備知識」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明します。

  • 「背景的知識」【はいけいてきちしき】
  • 「下準備・事前知識」

「背景的知識」【はいけいてきちしき】

「背景的知識」という表現は、「ある物事・事態・活動の本質を認識して理解するために必要なあらかじめ持っている知識、すでに保持している知識のバックボーン(背景)」を意味しています。

その意味合いから、あらかじめ持っておく必要がある知識を示す「予備知識」と良く似た意味を持つ類語として、「背景的知識」を上げられます。

「下準備・事前知識」

「予備知識」という表現は、「必要な時のために、あらかじめ下準備している知識」「必要になる時のために、事前に持っている知識」のことを意味しています。

「下準備」という言葉は、「ある物事を本格的に実行する前に、あらかじめする準備」を意味しています。

それらの意味から、「予備知識」と近しい似た意味を持つ類義語として、「下準備・事前知識」を指摘できるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「予備知識」の表現には、「必要な時に備えてあらかじめ持っておくべき知識」などの意味があります。

「予備知識」の類語・類義語として、「背景的知識」「下準備・事前知識」などがあります。

「予備知識」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。