意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「売り渡す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんが普段の生活のコミュニケーションの中や、ビジネスのワンシーンの中で、「売り渡す」という言葉を使ったことがあるかと思います。

この言葉は、特別な場面に限った言葉ではありませんが、特に物の売買に関わることで使われています。

今回は、この「売り渡す」と表現について、フォーカスして意味や使い方を見ていくことにします。

Meaning-Book
「売り渡す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「売り渡す」とは?
  • 「売り渡す」の表現の使い方
  • 「売り渡す」を使った例文と意味を解釈
  • 「売り渡す」の類語や類義語


「売り渡す」とは?

「売り渡す」とは、「物を売って買い手に渡す」「自分の利益と引き換えに仲間を敵側に渡す」などの意味がありますが、一般的には、前段の「自分の買い手に渡す」という意味で解釈させる方が多いでしょう。

  • 「売り渡す」の読み方

「売り渡す」の読み方

「売り渡す」「うりわたす」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「売り渡す」の表現の使い方

「売り渡す」は、「物を売って買い手に渡す」という意味になりますので、通常のビジネスでの取引で物やサービスの売買で使うことになります。

「売り渡す」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「売り渡す」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「売り渡す」を使った例文1
  • 「売り渡す」を使った例文2

「売り渡す」を使った例文1

「新製品の発売開始前に、旧モデルの製品を安値で売り渡すことができた」

メーカーでは新しい製品を発売する前に、できるだけ古い型のモデルを格安でも「売り渡そう」とするものです。

これは余った製品を廃棄するよりは、安くても「売り渡す」方が資金負担が軽くなるからです。

「売り渡す」を使った例文2

「代金の振り込みが確認できた後で、品物を売り渡すことを代金引換と言いますが、ネット販売では、この形態を取ることがほとんどです」

ビジネスの世界では製品を「売り渡す」形態として、先に製品を渡して、後から売掛金の回収というのが通常ですが、ネット販売や量販店では、「代金引換」略して「代引き」が普通の商売形態です。



「売り渡す」の類語や類義語

「売り渡す」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「販売」【はんばい】
  • 「売却」【ばいきゃく】

「販売」【はんばい】

「販売」「売り渡す」の類義語として使うことができる言葉ですが、が「金銭または等価物のために交換する」、または「引き渡す」という意味になります。

「販売」はビジネスの世界では、ごくありふれた言葉でもあります。

「売却」【ばいきゃく】

「売却」「売り渡す」の類義語となります。

「売り払うこと」という意味になり、「土地を売却する」というような使い方をしています。

icon まとめ

「売り渡す」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉は、仕事をしている人であれば、日頃からよく使かわれている言葉として認識することでしょう。

しかし、この「売り渡す」という言葉には、人との信頼関係があって初めて成立することなので、商売に対しては、真摯な姿勢で臨むことが大切です。