意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「地に落ちる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「地に落ちる」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、人を評価する時に使われることがある言葉の1つですが、この表現で言われると非常に厳しい人間関係になってしまいます。

そこで今回は、この「地に落ちる」にフォーカスして、その意味や使い方を考えてみることにします。

Meaning-Book
「地に落ちる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「地に落ちる」とは?
  • 「地に落ちる」の表現の使い方
  • 「地に落ちる」を使った例文と意味を解釈
  • 「地に落ちる」の類語や類義語


「地に落ちる」とは?

「地に落ちる」とは、「それまで盛んであった権威や名声が廃れたり衰えたりすること」という意味を持つ言葉です。

  • 「地に落ちる」の読み方

「地に落ちる」の読み方

「地に落ちる」「ちにおちる」という読み方をしますが、ここで間違いのないようにしっかりとチェックしておきましょう。



「地に落ちる」の表現の使い方

「地に落ちる」「それまで持っていた大きな信用や権威・地位を失う」という意味があるので、何かを物事で失敗したり、ライバル関係にある人間から騙されて、権威を手放すようになってしまった時に、使われることになります。

「地に落ちる」原因・要因は様々で、自分のおごり・昂りで足元をすくわれて「地に落ちる」こともあれば、他人から揚げ足を取られて「地に落ちる」場合もあります。

「地に落ちる」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「地に落ちる」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「地に落ちる」を使った例文1
  • 「地に落ちる」を使った例文2

「地に落ちる」を使った例文1

「あれほど絶大な権威を振るっていた彼も、今回の失敗で信望も地に落ちた」

「地に落ちる」の典型的な活用事例文となるのが、この例文でしょう。

絶大な権力と名声を欲しいままにしていた人物が、ある失敗でその全てを失ったのです。

しかし、たった1度の失敗くらいで「地に落ちる」のでは、元々の名声は本物ではなかったということかもしれません。

「地に落ちる」を使った例文2

「あれだけ威張っていた部長も、不祥事で地に落ちたものだ。今では誰も声をかける人がいないのです」

社内でも大きな発言力を持っていた部長が、社内で不祥事をおかして、それまで誇っていた権力を失ってしまったようです。

「地に落ちる」時は一気に坂を転げ落ちるくらいに行ってしまうものです。



「地に落ちる」の類語や類義語

「地に落ちる」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「信頼を損なう」【しんようをそこなう】
  • 「評価が下がる」【ひょうかがさがる】

「信頼を損なう」【しんようをそこなう】

「信用を損なう」という言葉が「地に落ちる」の類義語として挙げることができます。

「その人に対する評判が一気に悪くなること」という意味で使われますが、「信用を失う」ことで、誰からも相手にされることがなくなります。

「評価が下がる」【ひょうかがさがる】

「評価が下がる」「地に落ちる」に近い意味を持つ言葉で、「評判が悪くなること」という意味で使われます。

icon まとめ

「地に落ちる」という言葉を意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉は、ビジネスマンとしては、最も忌み嫌う言葉でしょう。

それだけに誰でも、自分がそのような環境になってしまう可能性がありますので、日々の行動に注意しなくてはなりません。