意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「想定内」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「想定内」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「想定内」という言葉の理解を深めていきましょう。

想定内

Meaning-Book
「想定内」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「想定内」とは?
  • 「想定内」の表現の使い方
  • 「想定内」を使った例文と意味を解釈
  • 「想定内」の類語や類義語


「想定内」とは?

「想定内」とはもともと、予想していた通りの状況、出来事のことです。

  • 「想定内」の読み方

「想定内」の読み方

「想定内」と書いて「そうていない」と読みます。



「想定内」の表現の使い方

「想定内」という言葉は、何か起こった事に対して、もともとそうなるであろうと予想していた時などに使います。

「午前中にお客が来ないのは想定内だ」と言えば、午前中にお客が来ないことは最初から予想していた通りであるという意味になるのです。

「彼がいずれ辞めていくことは想定内だった」「想定内なので、何も心配はないです」などと使います。

「想定内」を使った例文と意味を解釈

それでは「想定内」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「想定内」を使った例文1
  • 「想定内」を使った例文2

「想定内」を使った例文1

「バイトがすぐに辞めてしまうのは想定内だ、だから多めに採用しておいたのだ」

雇ったアルバイトが長続きせず、すぐに辞めるということを前もって予想しており、その為、人員が足りないということが起こらないように多めの人数を採用していたということを「想定内」という言葉で言い表しているのです。

「想定内」を使った例文2

「彼は、今回のことは想定内と口では言っているが、本当は想定外なのではないかと僕は思っているね」

「想定内」とはあらかじめ想定した状況、出来事のことを言います。

そして予想もしていなかった状況、出来事のことは「想定外」と言うのです。

問題が起こった時に自分が無策、無能だと思われたくなく「想定内だ」と言い切る人もいます。

しかし一方で責任転嫁したいと「想定外だ」と逃げる人もいるのです。



「想定内」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「想定内」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「予想通り」【よそうどおり】
  • 「織り込み済み」【おりこみずみ】

「予想通り」【よそうどおり】

「予想通り」とはこれから起こることについて、考えを巡らせ、その通りになることを言います。

「ほら、私の予想通りだったわ」「予想通り、仲間割れを起こし始めたぞ」などと使います。

「織り込み済み」【おりこみずみ】

「織り込み済み」とは計画、予算などにある事、条件などがすでに取り入れてあることを言います。

「その件は、こちらでは織り込み済みだから大丈夫ですよ」「最初から予算に織り込み済みです」「アルバイトだから最初の一か月は戦力にならないことぐらい、織り込み済みだ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「想定内」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。