意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「浅い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「浅い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「浅い」という言葉を使った例文や、「浅い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「浅い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「浅い」とは?
  • 「浅い」を使った例文や短文など
  • 「浅い」の類語や類義語・言い換え


「浅い」とは?

「浅い」という言葉を知っているでしょうか。

「考えが浅い」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「浅い」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「浅い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「浅い」の読み方
  • 「浅い」の意味

「浅い」の読み方

「浅い」「あさい」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「浅い」「あさい」と読みましょう。

「浅い」の意味

「浅い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「浅い」には、「表面や外側から、そこや奥までの距離が短い」という意味があります。

例えば「浅いプール」という言葉には、プールの水の表面と床までの距離が短いという意味があります。

また「到達度が低い」という意味もあります。

「考えが浅い」という言葉には、考えが十分な到達度に至っていないという意味があります。

このように「浅い」という言葉には、「表面や外側から、そこや奥までの距離が短い」「到達度が低い」などという意味があります。



「浅い」を使った例文や短文など

続いて「浅い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「浅い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「浅い」を使った例文1
  • 「浅い」を使った例文2

「浅い」を使った例文1

「まだ入社して日が『浅い』が、職場に溶け込んでいる」

この例文は、入社して間もない人が、職場に溶け込んでいる様子を文章にしたものです。

このように「日が浅い」という言葉には、「時間があまり経過していない」という意味があります。

「浅い」を使った例文2

「仕事について説明を受けたが、理解が『浅い』ため、作業できない」

この例文に登場する「浅い」「到達度が低い」「十分な程度に達していない」という意味があります。

仕事の説明の理解が十分ではないため、作業に移れずに困っているという意味になります。

「浅い」の類語や類義語・言い換え

「浅い」の類語や類似表現を紹介します。

「浅い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「浅薄」【せんぱく】
  • 「表面的」【ひょうめんてき】

「浅薄」【せんぱく】

「浅薄」には「知識や考えなどが薄っぺらなこと」という意味があります。

「浅薄な知識」「浅薄な考え方」などという使い方をします。

「表面的」【ひょうめんてき】

「表面的」には「うわべだけに留まっている様子」という意味があります。

「表面的には仲がいい」という言葉には、仲がいいのはうわべだけで、実はそれほど仲が良くないという意味があります。



icon まとめ

「浅い」という言葉について見てきました。

表面や外側から、そこや奥までの距離が短いと感じた時、到達度が低いと感じた時などに、「浅い」という言葉を使ってみましょう。