意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い付く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「思い付く」と言う表現を知っているでしょうか。

ここでは「思い付く」と言う言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「思い付く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思い付く」とは?
  • 「思い付く」の表現の使い方
  • 「思い付く」を使った例文と意味を解釈
  • 「思い付く」の類語や類義語


「思い付く」とは?

「思い付く」と言うのは「浮かべる」「考え浮かぶ」と言う意味になり、考えが心に浮かぶときに使われる表現です。

例えば、学校のクラスで何か話し合いをしている時、なかなかいい考えが浮かばなかったとしましょう。

しかしそんな時、いきなり良い考えが浮かぶこともあるかもしれませんね。

そのような時に「良い考えが思い付いた」といえます。

  • 「思い付く」の読み方

「思い付く」の読み方

「思い付く」「おもいつく」と読みます。

日常的にも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「思い付く」の表現の使い方

「思い付く」と言うのは「浮かべる」「心に浮かぶ」と言う意味になります。

例えば、何か良い考えが「思い付く」ことがありますよね。

今度はこれをやってみよう、あれを書いてみよう、などと「思い付く」こともあるのではないでしょうか。

もしも絵を書くことが好きならば、次は何の絵を書こうか楽しみに考えますよね。

そんな時にモチーフが浮かんだら、それは「思い付いた」ことになります。

「思い付く」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「思い付く」を使った例文1
  • 「思い付く」を使った例文2

「思い付く」を使った例文1

「良い考えが思い付いたので、後ほど紹介します」

職場の方で良い考えが浮かんだ場合、その時ではなく、会議の場で紹介しようと考えることもあるかもしれませんね。

あるいは、良い考えが浮かんだらきちんと企画書にまとめ、部長などに提出したいと考える人もいるのではないでしょうか。

仕事をするためには様々なアイディアを蓄えていかなければいけませんね。

「思い付く」を使った例文2

「良い意見を思い付くためには、普段から様々な情報を仕入れておかなければいけません」

色々と意見を「思い付く」ために、普段から様々な情報を入手しておかなければいけません。

例えば、ニュースなども知っておいた方が良いですし、今はどのような流行があるのか、どのような話題が流行っているのか、などと言うことも知っておいた方が良いでしょう。

あらゆる方向から物事を知っておくことで、良い考えが「思い付く」ものです。



「思い付く」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「考え浮かぶ」【かんがえうかぶ】
  • 「発案する」【はつあんする】

「考え浮かぶ」【かんがえうかぶ】

「考え浮かぶ」と言うのは「ある目的に対して有効な案を考えつく」と言う意味になります。

何か意見を思い付いたときに使われる表現です。

「発案する」【はつあんする】

「発音する」「ある案を最初に言い出す、あるいは議案を提出する」と言う意味になります。

「旅行に行こうと発案する」などと使われます。

icon まとめ

人間は普段からいろいろなことを考えますから、様々なことを「思い付く」のではないでしょうか。

良い考えが「思い付いたら」、忘れないようにメモを取るなどして生かしていきたいですね。