意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使い分け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「使い分け」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「使い分け」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「使い分け」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「使い分け」とは?
  • 「使い分け」の表現の使い方
  • 「使い分け」を使った例文と意味を解釈
  • 「使い分け」の類語や類義語


「使い分け」とは?

「使い分け」というのは「物事に応じて使い方や使うものを選ぶ」という意味になります。

例えば、どこの家庭にも洗濯用の洗剤や食器洗い用の洗剤、掃除用の洗剤など、様々な洗剤がありますよね。

これらの洗剤は用途に応じて「使い分け」なければいけません。

また、例えば食器洗い用の洗剤であっても、洋服の染み抜きには食器洗い用の洗剤の方が良い、と考える人もいます。

これを「使い分け」と言います。

  • 「使い分け」の読み方

「使い分け」の読み方

「使い分け」という表現は「つかいわけ」と読みます。

日常的にも使われる表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「使い分け」の表現の使い方

子供が生まれると、ビデオカメラなどを購入する人も多いのではないでしょうか。

しかし最近はスマホにも良い機能のカメラが付いていることが多く「使い分け」をしている人も多いかも知れませんね。

普段であればスマホのカメラでも問題ありませんが、子供の運動会や入学式卒業式などではしっかりとしたビデオカメラを使いたいと思う人もいるかもしれません。

これも「使い分け」になります。

「使い分け」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「使い分け」を使った例文1
  • 「使い分け」を使った例文2

「使い分け」を使った例文1

「姉はカラフルな筆記用具を使い分けて綺麗な絵を描いています」

日本の筆記用具は世界でもトップクラスだと言われています。

そのような筆記用具をきれいに「使い分け」、絵を書くことに関心があるという人もいるのではないでしょうか。

日本では100円もせずに購入できるような辺が海外ではその何倍もの価格で売られていることもありますので、日本人で良かったと思う人もいるかもしれませんね。

「使い分け」を使った例文2

「砂糖は作るお菓子によって使い分けた方が良いです」

お菓子作りに関心がある場合、その作るお菓子に応じて砂糖や小麦粉を「使い分ける」という人も多いのではないでしょうか。

あまりこだわらない人もいますが、こだわりがある人はバターなども「使い分ける」かもしれないですね。

もちろん、使い分けたほうがおいしいお菓子ができあがる確率も上がります。



「使い分け」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「使いこなす」【つかいこなす】
  • 「活用する」【かつようする】

「使いこなす」【つかいこなす】

「使いこなす」というのは「思いのまま十分に役立たせる」という意味になります。

例えばパソコンなど、様々な機能があるものは購入しても、うまく「使いこなせる」人と「使いこなせない」人がいますよね。

「活用する」【かつようする】

「活用する」というのは「人や物の機能を十分に理解して使いこなす」という意味になります。

例えば、機能の多いカメラを購入しても「活用できない」こともありますよね。

icon まとめ

「使い分け」という表現は日常的にも使えますのでよく覚えておきましょう。

言葉もしっかりと「使い分ける」必要があります。