意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一利」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「一利」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一利」という言葉を使った例文や、「一利」の類語を紹介して行きます。

一利

Meaning-Book
「一利」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「一利」とは?
  • 「一利」を使った例文や短文など
  • 「一利」の類語や類義語・言い換え


「一利」とは?

「一利」という言葉を知っているでしょうか。

「百害あって一利なし」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「一利」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「一利」という言葉の意味を紹介します。

  • 「一利」の読み方
  • 「一利」の意味

「一利」の読み方

「一利」「いちり」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「一利」「いちり」と読みましょう。

「一利」の意味

「一利」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「一利」には、「一つの利益」という意味があります。

「百害あって一利あり」という言葉には、弊害はたくさんあるが、利益になるようなことは一つもないという意味があります。

禁煙を始める時に、「タバコは百害あって一利なし」などと言います。

またほとんどの場合「一利」「百害あって一利なし」という言い回しで使われています。

このように「一利」という言葉には、「一つの利益」という意味があります。



「一利」を使った例文や短文など

続いて「一利」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一利」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一利」を使った例文1
  • 「一利」を使った例文2

「一利」を使った例文1

「昔、ゲームは百害あって『一利』なしと言われたが、現在はスターを生んでいる」

この例文のように、テレビゲームをしていると、「百害あって一利なし」などと親に言われたかもしれません。

一つも利益がないと言われるほど、大人の評価は低い遊びでした。

現在は、eスポーツの普及により、高額賞金を稼ぐスターも登場しています。

「一利」を使った例文2

「やる気がないのに徹夜するのは百害あって『一利』なしだ」

この例文のように、仕事や勉強をする気もないのに、徹夜するのは、体に負担を掛けるだけで、よいことはないでしょう。

「一利」の類語や類義語・言い換え

最後に「一利」の類語や類似表現を紹介します。

「一利」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「利益」【りえき】
  • 「利点」【りてん】

「利益」【りえき】

「利益」には「得をすること」「ためになること」という意味があります。

「利益を分配する」「営業利益」などという使い方をします。

「利点」【りてん】

「利点」という言葉には「有利な点」また「長所」という意味があります。

「この機械の利点は、軽い所だ」という文章には、機械の長所が軽量な点だという意味があります。



icon まとめ

「一利」という言葉について見てきました。

一つの利益という話をしたい時、「一利」という言葉を使ってみましょう。