意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「埋める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「埋める」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「埋める」という言葉を使った例文や、「埋める」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「埋める」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「埋める」とは?
  • 「埋める」を使った例文や短文など
  • 「埋める」の類語や類義語・言い換え


「埋める」とは?

「埋める」という言葉を知っているでしょうか。

「穴を埋める」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「埋める」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「埋める」という言葉の意味を紹介します。

  • 「埋める」の読み方
  • 「埋める」の意味

「埋める」の読み方

「埋める」「うめる」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「埋める」「うめる」と読みましょう。

「埋める」の意味

「埋める」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「埋める」には、「くぼんだ所に物を詰めて、くぼみをなくす」という意味があります。

「穴を埋める」という言葉には、穴に土などを入れて、くぼみをなくすという意味があります。

また「埋める」には、「人や物で場所をいっぱいにする」という意味もあります。

さらに「不足や損失を補う」という意味もあります。

このように「埋める」という言葉には、「くぼんだ所に物を詰めて、くぼみをなくす」「人や物で場所をいっぱいにする」「不足や損失を補う」という意味があります。



「埋める」を使った例文や短文など

次に「埋める」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「埋める」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「埋める」を使った例文1
  • 「埋める」を使った例文2

「埋める」を使った例文1

「人気者になって、東京ドームをファンで『埋める』のが夢だ」

この例文はミュージシャンを目指している人が語っている夢の話になります。

歌手として人気者になれば、5万人近くのキャパがある東京ドームを人で「埋める」ことができるでしょう。

このように、人や物で場所をいっぱいにする時、「埋める」という言葉を使ってみましょう。

「埋める」を使った例文2

「記憶を呼び戻して、空白を『埋める』」

この例文は、泥酔して眠った次の日の朝、自分はどのように家に帰ったか、誰かに迷惑を掛けなかったかなど、記憶を呼び覚ましている場面になります。

人によっては記憶がないため、一生懸命記憶を呼び覚まし、「空白を埋める」必要があるでしょう。

このように不足や損失を補う時、「空白を埋める」という言葉を使ってみましょう。

「埋める」の類語や類義語・言い換え

続いて「埋める」の類語や類似表現を紹介します。

「埋める」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「塞ぐ」【ふさぐ】
  • 「占める」【しめる】

「塞ぐ」【ふさぐ】

「塞ぐ」には「穴や開口部をなくす」という意味があります。

「穴を塞ぐ」「口を塞ぐ」などと言います。

「占める」【しめる】

「占める」という言葉には、「場所や位置を自分のものとする」という意味があります。

「花見の特等席を、わが社で占める」という言葉には、花見のいちばんいい席を、自分たちの会社のレジャーシートで占拠するというなどという意味があります。



icon まとめ

「埋める」という言葉について見てきました。

くぼんだ場所に土などを入れてくぼみをなくす時、また人や物で場所をいっぱいにする時、さらに不足や損失を補う時に、「埋める」という言葉を使ってみましょう。