意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「得難い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「得難い」という表現は「利益を得難い」「権利を得難い」「得難い資格」といった文章で、日常的によく使われている表現ですがどのような意味があるのでしょうか?

「得難い」という表現の意味・読み方・例文・類義語などについて、分かりやすく説明していきます。

Meaning-Book
「得難い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「得難い」とは?
  • 「得難い」の表現の使い方
  • 「得難い」を使った例文と意味を解釈
  • 「得難い」の類語や類義語


「得難い」とは?

「得難い」という表現は、「簡単には手に入れることができない」「手に入れること(入手すること)が難しい」を意味しています。

また「得難い」という言葉は、「手に入れることが難しいほどに貴重である、希少(レア)である」という意味も持っています。

  • 「得難い」の読み方

「得難い」の読み方

「得難い」の読み方は、「えがたい」になります。

また「得難い」は、「えにくい」という読み方がされることもあります。



「得難い」の表現の使い方

「得難い」の表現の使い方は、「簡単には手に入らないこと」「入手することが難しい状況」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「親友というものは得難いものだからこそ、親友のことを誰よりも大切にしようと思えるのです」といった文章で、この表現を使用することができます。

「得難い」を使った例文と意味を解釈

「得難い」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「得難い」を使った例文1
  • 「得難い」を使った例文2

「得難い」を使った例文1

「このクリムトの珍しい絵画は現在では得難いものなので、オークションでは非常な高値がつくと思います」

この「得難い」を使った例文は、「入手することが簡単ではなくて難しい」「手に入れることが難しいので貴重である」といった意味で「得難い」の表現を使っています。

手に入りにくくて貴重なクリムトの絵だからこそ、オークションで高く売れるということです。

「得難い」を使った例文2

「私の人生をいつも支えてくれた妻は得難い伴侶であり、妻に対する感謝の気持ちを忘れたことはありません」

この「得難い」を使った例文は、「得難い」の表現を「手に入れることが難しい」「貴重で存在価値がある」といったニュアンスで使っています。

簡単には手に入れることのできない貴重で大切な妻だからこそ、いつも感謝の気持ちを抱くことができるのです。



「得難い」の類語や類義語

「得難い」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「入手しづらい・価値がある」
  • 「貴重・希少・レア」

「入手しづらい・価値がある」

「得難い」という表現は、「簡単には入手しづらいからこそ、貴重で価値がある」といった意味のニュアンスを持っています。

その意味合いから、「得難い」とほとんど同じようなニュアンスを持つ類語(シソーラス)として、「入手しづらい・価値がある」といった表現を指摘できます。

「貴重・希少・レア」

「得難い」という言葉は、「手に入れにくいので貴重な価値がある」「獲得しづらくて希少・レア(珍しい)である」ということを意味しています。

それらの意味から、「得難い」と類似した同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「貴重・希少・レア」という言葉を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「得難い」の表現には、「手に入れることが難しい」「簡単に入手することができなくて貴重である」などの意味があります。

「得難い」の類語・類義語として、「入手しづらい・価値がある」「貴重・希少・レア」などがあります。

「得難い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。