意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「扇動」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「扇動」という表現は「政治・デモ・革命・抵抗運動・労働争議」などに関する話題で使われやすく、大勢の人々が一つの方向に動かされるニュアンスを感じさせる表現です。

「扇動」の具体的な意味はどんなものなのでしょうか?「扇動」「意味・使い方・例文・類義語」について解説していきます。

扇動

Meaning-Book
「扇動」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「扇動」とは?
  • 「扇動」の表現の使い方
  • 「扇動」を使った例文と意味を解釈
  • 「扇動」の類語や類義語


「扇動」とは?

「扇動」という表現は、「演説・メディア情報・デマ(情報工作)などで人を煽り立てて、ある目的を実現するように仕向けること」を意味しています。

「扇動」というのは、「人の気持ちを煽り立てて、ある行動を起こすように仕向けること」「人の気持ちを挑発するアジテーションを行って、人の行動を特定の目的・方向へと誘導すること」を意味している表現です。

  • 「扇動」の読み方

「扇動」の読み方

「扇動」の読み方は、「せんどう」になります。



「扇動」の表現の使い方

「扇動」の表現の使い方は、「演説・メディア・デマなどで人の気持ちを煽り立てて、ある行動をするように仕向ける場合」に使うという使い方になります。

例えば、「戦争の時代には、政府はマスメディアを活用して国民を扇動しました」といった文章でこの言葉を使用することができます。

「扇動」を使った例文と意味を解釈

「扇動」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「扇動」を使った例文1
  • 「扇動」を使った例文2

「扇動」を使った例文1

「マスメディアやデマの情報で扇動された大衆は、時に信じられないほど過激で残酷な行動をするものなのです」

この「扇動」を使った例文は、「マスメディアの情報や虚偽のデマで気持ちが煽り立てられて、特定の行動をするように仕向けられている」という意味合いで、「扇動」という表現を使っています。

「扇動」を使った例文2

「大勢の人々を扇動して団結させないと、巨大な政府・企業・資本に対する抵抗運動・労働争議は成果を上げることができません」

この「扇動」を使った例文では、「扇動」の表現を「抵抗運動・労働争議に参加させるために、不満な気持ちを煽り立てて反対運動へと誘導する」といった意味合いで使用しています。



「扇動」の類語や類義語

「扇動」の類語・類義語を紹介して、その意味を解説していきます。

  • 「挑発・唆す」
  • 「使嗾・焚きつける」

「挑発・唆す」

「挑発」という言葉は、「好奇心・怒り・欲情などを意図的に駆り立てて、ある行動(基本的に良くない行動)をするように仕向けること」を意味しています。

「唆す」という表現は、「おだてたり誘ったりしてある行動をするように誘導すること」を意味しています。

それらの意味から、人を煽って特定の行動をするように仕向けることを意味する「扇動」の類語として、「挑発・唆す」を上げられます。

「使嗾・焚きつける」

「使嗾」という表現は、「けしかけたりそそのかしたりして、ある行動をするように仕向けること」を意味しています。

「焚きつける」という言葉は、「ある行動をするように言葉・行動などで刺激して、意図的に気持ちを高ぶらせること」を意味しています。

これらの意味から、人の気持ちを煽ってある行動をさせるようにするを示す「扇動」と類似の意味を持つ類義語として、「使嗾・焚きつける」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「扇動」の表現には、「演説・メディア情報・デマなどで人を煽り立てて、ある行動を起こすように仕向けること」などの意味があります。

「扇動」の類語・類義語として、「挑発・唆す」「使嗾・焚きつける」などがあります。

「扇動」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。