意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「後払い」とは?意味や使い方!例文や解釈

「後払い」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「後払い」という言葉を使った例文や、「後払い」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「後払い」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「後払い」とは?
  • 「後払い」の英語と解釈
  • 「後払い」の表現の使い方
  • 「後払い」を使った例文や短文など
  • 「後払い」の類語や類義語・言い換え
  • 「後払い」の反対語


「後払い」とは?

「後払い」という言葉を知っているでしょうか。

「後払いで家電を買った」という経験があるかもしれません。

一方で、「後払い」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「後払い」という言葉の意味を紹介します。

  • 「後払い」の読み方
  • 「後払い」の意味

「後払い」の読み方

「後払い」「あとばらい」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「後払い」「あとばらい」と読みましょう。

「後払い」の意味

「後払い」という言葉の意味を紹介します。

「後払い」には、「代金を後で支払うこと」という意味があります。

「後払いで家電を買う」という言葉には、代金を後で支払う約束をお店として、レイ憎悪などの家電を購入するという意味があります。

このように、「後払い」という言葉には、「代金を後で支払うこと」という意味があります。



「後払い」の英語と解釈

次に「後払い」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「後払い」は英語で、“later payment”になります。

“later payment”には「後払い」という意味があります。

また“pay later”という英語には、「後払いする」という意味があります。

このように「後払い」という言葉を英語にする時、“later payment”やpay later"という英語を使ってみましょう。

「後払い」の表現の使い方

「後払い」という言葉は、どのような使い方をすればいいでしょうか。

「後払い」には、代金を後で支払うという意味があるため、そのような方法で買い物した時に使ってみましょう。

例えばクレジットカードで買い物をする時、料金が引き落とされるのは、しばらく後になります。

そのため、クレジットカード払いも「後払い」と言えます。

このように代金をすぐに支払わず、後で支払う時に、「後払い」という言葉を使ってみましょう。



「後払い」を使った例文や短文など

続いて「後払い」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「後払い」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「後払い」を使った例文1
  • 「後払い」を使った例文2

「後払い」を使った例文1

「食事に行ったが現金がなかったので、カードで『後払い』にする」

この例文のように、食事の支払いをしようと財布を見たら、現金が足りなかったという経験があるかもしれません。

このような時は、クレジットカードを使って「後払い」にする人もいるでしょう。

カードを使えばポイントが付くなど特典もあるため、初めからカードの「後払い」のつもりで食事を楽しむ人もいるでしょう。

「後払い」を使った例文2

「『後払い』で買い物を続けていて、月末の請求に驚く」

この例文のような経験をした人もいるかもしれません。

カードを使って「後払い」にして買い物をしていると、いくら使ったのか分からなくなることがあります。

買い物をしたタイミングや決済法により、引き落とされる時期が変わることもあり、支払いが集中する月もあります。

思ったよりも高額な請求がきたため、慌てる人もいるでしょう。

「後払い」の類語や類義語・言い換え

「後払い」の類語や類似表現を紹介します。

「後払い」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「後金」【あときん】
  • 「追い払い」【おいばらい】
  • 「分割払い」【ぶんかつばらい】
  • 「月賦」【げっぷ】

「後金」【あときん】

「後金」には、「後払いにすること」という意味があります。

「買い物を後金にする」などという使い方をします。

「追い払い」【おいばらい】

「追い払い」という言葉には、「代金の一部を払っておいて、後でまた支払うこと」という意味があります。

例えば、10万円の壺を購入する時、1万円を支払っておき、後で9万円支払うことを「追い払い」と言います。

「分割払い」【ぶんかつばらい】

「分割払い」には、「何度かに分けて代金を払うこと」という意味があります。

「代金を分割払いにする」という言葉には、商品の代金などを、例えば10回に分けて、代金を払うことを言います。

この方法なら貯金がなくても、月々「後払い」していけばいいため、貯金以上の金額の商品を購入できます。

「月賦」【げっぷ】

「月賦」という言葉には、「月ごとの分割払い」という意味があります。

高額な商品を購入する時、「月賦」にすると、月に一度分割払いをすることになります。

「月賦で背広を買う」「月賦でテレビを買う」などという使い方をします。

「後払い」の反対語

最後に「後払い」の反対語を紹介します。

「後払い」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「先払い」【さきばらい】
  • 「前払い」【まえばらい】
  • 「前金」【まえきん】

「先払い」【さきばらい】

「先払い」という言葉には、「送料などを受取人が払うこと」という意味があります。

「送料を先払いする」などと言います。

また「先払い」「元払い」とも言われます。

「前払い」【まえばらい】

「前払い」という言葉には、「品物を受け取る前や、期日前に代金を支払うこと」という意味があります。

例えばネットで服などを購入する時、代金を指定の口座に入金した段階で、発送作業が始まるケースがあります。

このように、最近が支払われたと販売側が認めた段階で発送作業などをする時、「前払い」システムが採用されます。

「前金」【まえきん】

「前金」という言葉には、「前払いすること」という意味があります。

また「前払いしたお金」のことを「前金」と言います。

「前金で支払う」「前金を1万円入金する」などと言います。

icon まとめ

「後払い」という言葉について見てきました。

代金を後で支払う時に「後払い」という言葉を使ってみましょう。