意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「飢える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「飢える」という表現を現代の先進国で日常的に使用する場面は余りありませんが、「飢える」はどのような状態を意味しているのでしょうか?今でも途上国では「飢える」ことが大きな人道的問題になっています。

「飢える」の意味・使い方・例文・類語などについて説明していきます。

Meaning-Book
「飢える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「飢える」とは?
  • 「飢える」の表現の使い方
  • 「飢える」を使った例文と意味を解釈
  • 「飢える」の類語や類義語


「飢える」とは?

「飢える」という表現は、「ものすごくお腹が減ること」「食べ物がなくて強い空腹に苦しむこと」を意味しています。

更に「飢える」の言葉は、「愛情に飢える」というように、「望んでいる物や求めていることが得られずにそれを強く求めている状態」を意味しています。

  • 「飢える」の読み方

「飢える」の読み方

「飢える」の読み方は、「うえる」になります。



「飢える」の表現の使い方

「飢える」の表現の使い方は、「ひどくお腹が空いていて空腹に苦しんでいる時」に使うという使い方になります。

例えば、「飢える苦しみの強さというのは、経験したことがある人でないと本当には分からないものです」といった文章で使用できます。

また「飢える」という言葉は、「欲しいと思っている物事・愛情が手に入らずに、それを強く欲求する時」にも使うことができます。

例えば、「人の優しさに飢えていた彼には、その親切な言葉が心に沁みたのです」といった文章で使われます。

「飢える」を使った例文と意味を解釈

「飢える」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「飢える」を使った例文1
  • 「飢える」を使った例文2

「飢える」を使った例文1

「5日間も何も食べておらず、その男は今まで経験したことがないほどに飢えていました」

この「飢える」を使った例文は、「ひどくお腹が空いていて苦しい」という意味で「飢える」の言葉を使っています。

その男は5日間も何も食べていないので、これ以上ないほどに空腹の状態になって苦しんでいたのです。

「飢える」を使った例文2

「愛情に飢えている状態は、食べ物に飢えている状態以上につらいことも多いのです」

この「飢える」を使った例文は、望んでいる愛情が手に入らないためにその愛情を強く欲求しているという意味で、「飢える」の表現を使っています。

人からの愛情・承認を受けられないということは、時に食べ物がなくて空腹な状態よりもつらいものなのです。



「飢える」の類語や類義語

「飢える」の類語・類義語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「空腹に喘ぐ・食べ物に困る」
  • 「がっつく・渇望する」

「空腹に喘ぐ・食べ物に困る」

「飢える」という表現は、「ひどい空腹にあえいで苦しむこと」「食べ物に困って空腹に苦しむこと」を意味しています。

その意味合いから、「飢える」とほぼ同じ意味のニュアンスを持つ類語(シソーラス)として、「空腹に喘ぐ・食べ物に困る」を上げられます。

「がっつく・渇望する」

「がっつく」という表現は、「これ以上ないほどに飢えていて、必死に食料・人の愛情などをむさぼろうとすること」を意味しています。

「渇望」するというのは、「(喉の渇きに対する水への欲求が抑えられないように)非常に強く希望したり欲求したりすること」を意味しています。

それらの意味から、「飢える」と良く似た意味を持つ類義語として、「がっつく・渇望する」の表現が考えられます。

icon まとめ

この記事で解説した「飢える」には、「食べ物がなくて強い空腹に苦しむこと」「欲しがっている物事・愛情が得られないために、それを強く求めること」などの意味があります。

「飢える」の類語・類義語として、「空腹に喘ぐ・食べ物に困る」「がっつく・渇望する」などがあります。

「飢える」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。