意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「炎天」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

夏の暑い季節になると「炎天」という言葉をニュースで見聞きする機会が増えますが、「炎天」という表現にはどのような意味があるのでしょうか?「炎天」「炎天下」という慣用句として使用されることも多くなっています。

「炎天」の意味・使い方・例文・類義語を解説していきます。

Meaning-Book
「炎天」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「炎天」とは?
  • 「炎天」の表現の使い方
  • 「炎天」を使った例文と意味を解釈
  • 「炎天」の類語や類義語


「炎天」とは?

「炎天」という表現は、「焼き付けるような強い太陽の日差しがある夏の空・天気」のことを意味しています。

「炎天」というのは、「夏の暑い日差しがある空・天気」「(太陽の日差しの影響で)燃え盛る炎のように暑い夏の空・天気」のことを意味している夏の季節を感じさせる表現なのです。

  • 「炎天」の読み方

「炎天」の読み方

「炎天」の読み方は、「えんてん」になります。



「炎天」の表現の使い方

「炎天」の表現の使い方は、「焼き付けるような強い太陽の日差しが感じられる暑い夏の空・天気」を指して使うという使い方になります。

特に、その暑い夏の空・天気の下にあるという意味で、「炎天下(えんてんか)」という慣用句がよく使われています。

例えば、「炎天下で子供たちが遊んでいる時には、熱中症のリスクに気をつけてあげてください」といった文章で使用することができます。

「炎天」を使った例文と意味を解釈

「炎天」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「炎天」を使った例文1
  • 「炎天」を使った例文2

「炎天」を使った例文1

「炎天の熱気を受けて肌を焼かれていると、本格的な暑い夏の季節が到来したことを実感させられます」

この「炎天」を使った例文は、「じりじりと照りつけるような強い日差しがある夏の空・天気」という意味合いで「炎天」の表現を使っています。

そういったギラギラと照りつける太陽の光に肌を焼かれていると、本格的な夏の季節の訪れを実感できるのです。

「炎天」を使った例文2

「炎天下でプレイする高校球児たちの気力・体力は素晴らしいものですが、熱中症には最大限の注意が必要です」

この「炎天」を使った例文は、「炎天下」という慣用句で「焼き付けるような暑い日差しのある夏の空・天気の下にいる状態」を意味しています。

炎天下では、体を鍛え抜いた元気な高校球児であっても熱中症対策が欠かせないのです。



「炎天」の類語や類義語

「炎天」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「夏空・干天」
  • 「猛暑・酷暑」

「夏空・干天」

「夏空」とは、「暑い夏の空」を意味する言葉です。

「干天」という言葉は、「太陽がじりじりと強く照りつけるすべてが干上がるような天気」を意味しています。

それらの意味から、強い日差しのある暑い夏の空・天気を意味する「炎天」と近しい意味を持つ類語(シソーラス)として、「夏空・干天」を上げられます。

「猛暑・酷暑」

「猛暑」という表現は、「暑さの程度がはなはだしいさま・気温が高くて非常に暑いこと」を意味しています。

「酷暑」という言葉は、「身体が疲れきるほどに厳しい暑さ・非常に厳しくてつらい暑さ」を意味しています。

それらの意味から、強い日光が照りつけて物凄く暑いことを示す「炎天」と良く似たニュアンスを持つ類義語として、「猛暑・酷暑」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「炎天」の表現には、「焼き付けるような強い太陽の日差しがある夏の空・天気」などの意味があります。

「炎天」の類語・類義語として、「夏空・干天」「猛暑・酷暑」などがあります。

「炎天」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。