意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪漢」とは?意味や使い方!例文や解釈

「悪漢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪漢」という言葉を使った例文や、「悪漢」の類語を紹介して行きます。

悪漢

Meaning-Book
「悪漢」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「悪漢」とは?
  • 「悪漢」の英語と解釈
  • 「悪漢」の表現の使い方
  • 「悪漢」を使った例文や短文など
  • 「悪漢」の類語や類義語・言い換え
  • 「悪漢」の反対語


「悪漢」とは?

「悪漢」という言葉を知っているでしょうか。

「悪漢に襲われる」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「悪漢」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「悪漢」という言葉の意味を紹介します。

  • 「悪漢」の読み方
  • 「悪漢」の意味

「悪漢」の読み方

「悪漢」「あっかん」と読みます。

「あくかん」と読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「悪漢」「あっかん」と読みましょう。

「悪漢」の意味

「悪漢」という言葉の意味を紹介します。

「悪漢」には、「悪いことをする男」という意味があります。

「暴力を振るったり、悪事を働くような男」「悪漢」と呼ばれます。

「悪漢に襲われる」という言葉には、「悪事を働く男に、不意に攻めかかられる」という意味があります。

このように「悪漢」という言葉には、「悪いことをする男」という意味があります。



「悪漢」の英語と解釈

次に「悪漢」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「悪漢」は英語で、“villain”になります。

“villain”には「悪役」「悪漢」という意味があります。

このように「悪漢」を英語にすると、“villain”という言葉になるため、使ってみましょう。

「悪漢」の表現の使い方

「悪漢」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「悪漢」には悪いことをする男という意味があるため、そのような男性を見た時に、「悪漢」という言葉を使ってみましょう。

例えば映画を見ていると、悪役が登場します。

地球を消滅させようと迫るような悪い男なら、「悪漢」という言葉を使ってみましょう。

また犯罪行為をするような悪い男をテレビのニュースで見た時などに、「悪漢」という言葉を使いましょう。



「悪漢」を使った例文や短文など

続いて「悪漢」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「悪漢」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悪漢」を使った例文1
  • 「悪漢」を使った例文2

「悪漢」を使った例文1

「彼は『悪漢』だから、近寄らないようにしよう」

この例文に登場する男性は、暴力を働いたり、犯罪行為をするような悪い男のようです。

そのため、この男性を知る人は、周囲の人たちに、この例文のような注意を呼びかけています。

このように「悪い男性」というラべリングをしたくなるような男性は「悪漢」と呼びましょう。

「悪漢」を使った例文2

「漫画に登場したころは『悪漢』だったキャラクターが、主人公の親友になる」

この例文のようなケースを、マンガを読んだ経験があるなら知っているかもしれません。

最初は敵役として、悪事の限りを尽くしているキャラクターが、話が進むにつれて、主人公の親友になったり、欠かせないパートナーになることがあります。

さらに強大な敵を迎えて、改心した「悪漢」が頼れるパートナーになるパターンです。

このように漫画や映画のシリーズなどでは、「悪漢」「正義の味方」になることもあります。

「悪漢」の類語や類義語・言い換え

「悪漢」の類語や類似表現を紹介します。

「悪漢」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「悪人」【あくにん】
  • 「悪者」【わるもの】
  • 「悪党」【あくとう】
  • 「凶漢」【きょうかん】
  • 「痴漢」【ちかん】

「悪人」【あくにん】

「悪人」には、「心や行いが悪い人」という意味があります。

「彼は悪人だ」という時は、その男性は心や行いが悪い人という意味になります。

「悪人とは付き合わない」「悪人を遠ざける」などという使い方をします。

「悪者」【わるもの】

「悪者」という言葉も良く使われています。

「悪者」には、「悪いことをする人」という意味があります。

「悪者にされた」という時は、まるで悪いことをする人のように言われたという意味があります。

本当は悪者ではないと自分では思っている時に、「悪者にされた」などと言います。

「悪党」【あくとう】

「悪党」という言葉があります。

「悪党」には、「悪者」という意味があり、「悪いことをする人」という意味があります。

「あいつらは悪党だ」などと、集団全体を悪い奴らだと決めつける時にも「悪党」という言葉を使います。

「凶漢」【きょうかん】

「凶漢」という言葉があります。

「凶漢」には、「非常に乱暴で、人を傷つけたりする人」という意味があります。

「凶漢の手により、事件が起こる」という時は、非常に乱暴で人を傷つける人だと定評がある人の手により、事件が起こったという意味があります。

「痴漢」【ちかん】

「痴漢」という言葉には、「女にいたずらをする男」という意味があります。

「電車で痴漢をする」という言葉には、電車の中で、女性に男性がいたずらをするという意味があります。

「悪漢」の反対語

最後に「悪漢」の反対語を紹介します。

「悪漢」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「善人」【ぜんにん】
  • 「善玉」【ぜんだま】
  • 「真人間」【まにんげん】

「善人」【ぜんにん】

「善人」には、「心や行いが良い人」という意味があります。

「善人になる」という文章には、これまでは心や行いが悪かった人が、良い人になるという意味があります。

「善玉」【ぜんだま】

「善玉」という言葉には、「善人」という意味があります。

特にドラマや劇の中に登場する善人を「善玉」と呼びます。

「善玉と悪玉が戦う」などと言います。

「真人間」【まにんげん】

「真人間」には、「まともな人間」という意味があります。

「素直な心を持った人間」という意味もあります。

「心を入れ替えて、真人間になります」という言葉には、これまでは悪かったけれど、素直な心を持った人間になりたいという意味があります。

icon まとめ

「悪漢」という言葉について見てきました。

悪いことをする人、暴力を振るったり、悪事を働いたりする人を見た時に、「悪漢」という言葉を使ってみましょう。