意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「進行役」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスの世界では、色々な会議やイベント、打ち合わせが日常茶飯事で行われています。

しかし、参加者が多ければ、色々な意見が出されることで、その場がうまく進まないことも少なくありません。

その時に、その場の「進行役」が上手に打ち合わせを進めてくれることでスムーズが会議運営ができてきます。

今回は、この「進行役」ということにフォーカスして考えてみることにします。

進行役

Meaning-Book
「進行役」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「進行役」とは?
  • 「進行役」の表現の使い方
  • 「進行役」を使った例文と意味を解釈
  • 「進行役」の類語や類義語


「進行役」とは?

最近、「ファシリテーター」という言葉をはでも言われるようになった「進行役」とは、「参加者の心の動きや状況を見ながら、実際にその会議やイベントを進めていく役割」のことを指しています。

  • 「進行役」の読み方

「進行役」の読み方

「進行役」「しんこうやく」という読み方になりますが、難しい発音ではないので、確認する程度でいいでしょう。



「進行役」の表現の使い方

「進行役」とは、「参加者の動きを把握しながら、その場の会を進めていく役割」という意味になるので、会議の「進行役」やイベント・パーティーの「進行役」などで使われることになります。

「進行役」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「進行役」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「進行役」を使った例文1
  • 「進行役」を使った例文2

「進行役」を使った例文1

「会議の進行役を努める人は、会議を円滑に進めるに当たり、全員が自由に意見を出し合い、参加者の充実感や満足度のアップを図ることも大切です」

このような会議運営を「合意形成型の会議」と呼びますが、参加者の主体性を尊重しながら、「進行役」は意図的に意見や言動を操作することは控えます。

そうするとことで、参加者の自由な意見を引き出すことができるようになります。

「進行役」を使った例文2

「会議の進行役は、その時の進行を努める役目の人のことですが、豊富な経験を持っている人が上手に進めることができます」

会議の「進行役」に慣れている人は、どのような過程を経て討議が行われるのか、また、進行中の流れを見て、どのように進めて行けば、スムーズに流れるかをよく分かっています。

明るく開放的な雰囲気作りに配慮しつつ、課題の答えを自ら出すのではなく、参加者自身に判断を任せて、時には適切なヘルプも行ったりと「進行役」もそれなりの経験を持っているとうまく進んでいきます。



「進行役」の類語や類義語

「進行役」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「仕切り役」【しきりやく】
  • 「まとめ役」【まとめやく】

「仕切り役」【しきりやく】

「仕切り役」「進行役」の類義語の1つになりますが、「会議などで中心になって話を進めていく人」という意味になります。

「まとめ役」【まとめやく】

「まとめ役」も類義語になり、「物事をまとめる役目」「その役目の人」のことを意味しています。

icon まとめ

「進行役」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、企業で働く人は、時として「進行役」を任される可能性がいつでもあるので、どのようなことを成すべきかを理解していると後々役に立つことでしょう。