意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誂える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「誂える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「誂える」という言葉を使った例文や、「誂える」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「誂える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「誂える」とは?
  • 「誂える」を使った例文や短文など
  • 「誂える」の類語や類義語・言い換え


「誂える」とは?

「誂える」という言葉を知っているでしょうか。

「服をあつらえる」と言ったことがあるかもしれません。

一方で、「誂える」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「誂える」という言葉の意味を紹介します。

  • 「誂える」の読み方
  • 「誂える」の意味

「誂える」の読み方

「誂える」「あつらえる」と読みます。

かなり読み方が難しい漢字が使われているため、読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「誂える」「あつらえる」と読みましょう。

「誂える」の意味

「誂える」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「誂える」には、「自分の思い通りに作らせる」という意味があります。

「服を誂える」には「自分の思い通りに服を作らせる」という意味があります。

お気に入りのブランドで、自分の思い通りの服を作ってもらった時などに、「服を誂える」と言います。

このように「誂える」という言葉には、「自分の思い通りに作らせる」という意味があります。



「誂える」を使った例文や短文など

続いて「誂える」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「誂える」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「誂える」を使った例文1
  • 「誂える」を使った例文2

「誂える」を使った例文1

「会社に入るため、背広を『誂える』」

この例文は、会社に入社することが決まった人が、背広を自分の思い通りに、背広メーカーなどに作らせている場面になります。

社会人の戦闘服と言われる背広は、自分の丈にぴったり合ったものが良く、「誂える」だけの価値はあるでしょう。

「誂える」を使った例文2

「寿司職人を家に呼び、寿司を『誂えて』もらう」

ホームパーティを開く時、自宅に寿司屋を招いて、寿司を握ってもらったことがあるかもしれません。

この例文も、寿司職人を呼び、好きなネタを注文して作ってもらっている場面になります。

このように、自分が思った通りの物を作ってもらう時、「誂える」という言葉を使ってみましょう。

「誂える」の類語や類義語・言い換え

最後に「誂える」の類語や類似表現を紹介します。

「誂える」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「オーダー」
  • 「発注」【はっちゅう】

「オーダー」

「オーダー」には「注文」という意味があります。

「食事をオーダーする」という言葉には、食事を注文するという意味があります。

「発注」【はっちゅう】

「発注」には「注文を出すこと」という意味があります。

「部品を発注する」という言葉には、「部品の注文を出す」という意味があります。



icon まとめ

「誂える」という言葉について見てきました。

自分の思い通りに作らせる時、「誂える」という言葉を使ってみましょう。