意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「打ち負かす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「打ち負かす」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「打ち負かす」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「打ち負かす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「打ち負かす」とは?
  • 「打ち負かす」の表現の使い方
  • 「打ち負かす」を使った例文と意味を解釈
  • 「打ち負かす」の類語や類義語


「打ち負かす」とは?

「打ち負かす」とは打って負かすことであり、完全に負かすことを言います。

  • 「打ち負かす」の読み方

「打ち負かす」の読み方

「打ち負かす」とは「うちまかす」と読みます。



「打ち負かす」の表現の使い方

「打ち負かす」「打ち」とは動詞について、下の言葉の意を強めます。

つまり「負かす」を強めますので「完全に負かす」となるのです。

「何度来ても打ち負かす自信はある」「二度と変なことを言わせない為にも打ち負かす必要がある」などと使います。

「打ち負かす」を使った例文と意味を解釈

それでは「打ち負かす」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「打ち負かす」を使った例文1
  • 「打ち負かす」を使った例文2

「打ち負かす」を使った例文1

「打ち負かすことで、この先恨みを持たれるだろうが仕方がない、こちらも負けるわけにはいかないのだから」

「打ち負かす」とは完全に負かすことですから、自分が完全勝利することを意味しています。

しかし相手に逃げ道を残さず勝つということは、恨まれる可能性を残してしまうことでもあります。

「打ち負かす」を使った例文2

「一人で敵をあっという間に打ち負かすとは、どれだけ彼は強いのだろうか」

「打ち負かす」とは完全に負かすことを言います。

敵を完全にやっつけることを「打ち負かす」と言い表しています。



「打ち負かす」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「打ち負かす」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「ぎゃふんと言わせる」【ぎゃふんといわせる】
  • 「完全に破る」【かんぜんにやぶる】
  • 「ねじ伏せる」【ねじふせる】

「ぎゃふんと言わせる」【ぎゃふんといわせる】

「ぎゃふんと言わせる」「ぎゃふん」とは言い込められて、言葉も出ないことを表している言葉です。

実際に「ぎゃふん」と言うわけではないのです。

何も言わせない=完全にこちらの勝ちというわけです。

「今日こそは、あいつをぎゃふんと言わせるぞ」などと使います。

「完全に破る」【かんぜんにやぶる】

「打ち負かす」の意味は「完全に破る」ということになります。

「ライバルチームを我らが完全に破るにはどうしたらいいか」「彼の記録を完全に破るつもりで今日は臨む」などと使います。

「ねじ伏せる」【ねじふせる】

「ねじ伏せる」とは腕などを掴み、倒して押さえつけるという意味の他に、強引ややり方で屈服させるという意味があります。

「反対する者はことごとくねじ伏せるというやり方できた」「あいつなんて簡単にねじ伏せることはできるんだ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「打ち負かす」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。