意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見透かす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「見透かす」という言葉を普段の会話の中で聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、日頃の人とのコミュニケーションの中や、ビジネス環境においても、折衝している時、打ち合わせをしている時に使われたり、そのように感じる時に当てはまることがあります。

今回は、そのような状況を意味する「見透かす」について考察していくことにします。

見透かす

Meaning-Book
「見透かす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見透かす」とは?
  • 「見透かす」の表現の使い方
  • 「見透かす」を使った例文と意味を解釈
  • 「見透かす」の類語や類義語


「見透かす」とは?

「見透かす」とは「見抜く」「裏まで見通す」というような意味を持つ言葉です。

  • 「見透かす」の読み方

「見透かす」の読み方

「見透かす」「みすかす」というような読み方になりますので、ここで間違いのないようにきちんと読み方を押さえておきましょう。



「見透かす」の表現の使い方

「見透かす」は、「物事を裏のことまで見抜く」という意味がありますので、そのようなことをしている人を指して使うことになります。

「見透かす」が使われる対象は人であることが多いでしょう。

「見透かす」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「見透かす」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「見透かす」を使った例文1
  • 「見透かす」を使った例文2

「見透かす」を使った例文1

「ばれていないの思っている彼の計略は、すでに我々から見透かされていたのです」

世の中には色々や計略・策略を張り巡らしている人がいます。

しかも、本人は決して誰からも気付かれてはいなくて、完璧な計画と思っていることがありますが、意外と「見透かされて」いることが少なくありません。

「見透かす」を使った例文2

「あいつの視線は、物事の細かい部分まで見透かすような鋭きい目付きなんだ。まともに視線を合わせて会話することができない」

人の中には、この例文に出てくる人のように鋭い視線で、物事を「見透かす」ような人がいます。

最近の言い方をすると、「目力の強い人」ということかもしれません。



「見透かす」の類語や類義語

「見透かす」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「見抜く」【みぬく】
  • 「看破する」【かんぱする】

「見抜く」【みぬく】

「見抜く」「見透かす」の類義語として挙げることができます。

この言葉は、「本質を掴む」という意味で使われています。

「看破する」【かんぱする】

「看破する」「見透かす」に近い意味を持っている類義語です。

「多くの人々が気付かない本質に気が付くこと」ということを指しています。

icon まとめ

「見透かす」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、この言葉が当てはまる場面が身近な所にあることが、理解できたかと思います。

人とのコミュニケーションは、お互いの意思を理解し合うための大切な行いです。

しかし、中には目付きが鋭く、相手を「見透かす」ようなしぐさをしてしまう人が少なくありません。

そのような人を相手に会話をすることはかなり勇気がいる場合もありますが、とことん腹を割って話し合うことで、身近な存在になるかもしれません。