意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「哀悼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「哀悼」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「哀悼」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「哀悼」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「哀悼」とは?
  • 「哀悼」の表現の使い方
  • 「哀悼」を使った例文と意味を解釈
  • 「哀悼」の類語や類義語


「哀悼」とは?

「哀悼」とは人の死を悲しみ悼むことを言います。

  • 「哀悼」の読み方

「哀悼」の読み方

「哀悼」と書いて「あいとう」と読みます。



「哀悼」の表現の使い方

「哀悼」とは人が亡くなった時に、その死を悲しみ悼むという時に使う言葉です。

「哀悼の意を表する」「深く哀悼する」という使い方になります。

「哀悼」を使った例文と意味を解釈

それでは「哀悼」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「哀悼」を使った例文1
  • 「哀悼」を使った例文2

「哀悼」を使った例文1

「哀悼の意を表します」

「哀悼」という言葉で一番よく言われるのが「哀悼の意を表します」ではないでしょうか。

意味は亡くなった方のことを、思うと悲しくてたまらない、胸を痛めているということになります。

また「哀悼の意を表します」は書き言葉、文章であり会話で使うことはないということも併せて覚えておきましょう。

「哀悼」を使った例文2

「若くして亡くなった友を哀悼する」

この例文を簡単に言い換えれば「若くして亡くなった友のことを思って悲しい、胸を痛めている」となります。

悲しくて胸を痛めているということを「哀悼」という言葉に込めることができます。

あまり日常的な会話では使いません。

人との会話であれば「悲しい」「胸が苦しい」「辛い」と言う方が自然です。

「哀悼する」は書き言葉、日記、文章などで表す時に使います。



「哀悼」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「哀悼」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「愁傷」【しゅうしょう】
  • 「お悔み」【おくやみ】
  • 「哀惜」【あいせき】

「愁傷」【しゅうしょう】

「愁傷」とは嘆き悲しむという意味の言葉です。

「このたびは御愁傷様でございます」とは不幸のあった人に対しての挨拶の言葉です。

お気の毒でしたという意味なのです。

しかしこの言葉は、人が失敗した時、からかいの言葉としても使うことがあります。

本来の意味をしっかり覚えておくようにしましょう。

「お悔み」【おくやみ】

「お悔み」とは人の死を惜しみ、残った人に対して慰めの言葉をかけることを言います。

「お悔みを述べる」「お悔みに行く」「心からお悔やみ申し上げます」などと使います。

「哀惜」【あいせき】

「哀惜」とは人の死などを悲しみ、惜しむことを言います。

「哀惜の念にたえない」「哀惜の思いがあふれて何も言えない」「私はその頃、哀惜の念にかられる時間すらなく仕事に追われていた」

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「哀悼」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。