意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「待ち構える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「待ち構える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「待ち構える」という言葉を使った例文や、「待ち構える」の類語を紹介して行きます。

待ち構える

Meaning-Book
「待ち構える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「待ち構える」とは?
  • 「待ち構える」を使った例文や短文など
  • 「待ち構える」の類語や類義語・言い換え


「待ち構える」とは?

「待ち構える」という言葉を知っているでしょうか。

「敵を待ち構える」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「待ち構える」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「待ち構える」という言葉の意味を紹介します。

  • 「待ち構える」の読み方
  • 「待ち構える」の意味

「待ち構える」の読み方

「待ち構える」「まちかまえる」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「待ち構える」「まちかまえる」と読みましょう。

「待ち構える」の意味

「待ち構える」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「待ち構える」には、「用意を整えて相手を待つこと」という意味があります。

「敵を待ち構える」という言葉には、「用意を整えて、敵を待つ」という意味があります。

用意を整えているため、勝負になれば勝つ可能性が高いかもしれません。

このように、「待ち構える」という言葉には、「用意を整えて相手を待つこと」という意味があります。



「待ち構える」を使った例文や短文など

続いて「待ち構える」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「待ち構える」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「待ち構える」を使った例文1
  • 「待ち構える」を使った例文2

「待ち構える」を使った例文1

「月のない夜は、道の向こうに『待ち構える』刺客がいる気がする」

この例文は時代劇の一場面になります。

月が出ていない夜は暗く、闇にまぎれて攻撃するチャンスのため、道の向こうに刺客が待っているような気持ちになります。

敵が攻撃しようと準備をして待っているなら、こちらもそれなりの心の準備が必要でしょう。

「待ち構える」を使った例文2

「これからの人生に、素晴らしい出来事が『待ち構えている』気がする」

この例文には、漠然と未来を思い描いた時、素晴らしい出来事が最高の準備をして待っていてくれている、と感じているという意味があります。

心や体の調子がいい時、このような前向きの思いを持てるかもしれません。

「待ち構える」の類語や類義語・言い換え

「待ち構える」の類語や類似表現を紹介します。

「待ち構える」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「時期を見る」【じきをみる】
  • 「息をひそめる」【いきをひそめる】

「時期を見る」【じきをみる】

「時期を見る」という言葉には、「適当な機会に物事をするよう、準備する」という意味があります。

「時期を見て、話しあう」という言葉には、適当な機会をみつけて、準備して話し合う」という意味があります。

「息をひそめる」【いきをひそめる】

「息をひそめる」には、「そこにいると分からないように、息を抑えてじっとする」という意味があります。

「息をひそめて、敵を待つ」という時は、そこにいると分からないように、息を抑えてじっとしながら敵を待つという意味があります。



icon まとめ

「待ち構える」という言葉について見てきました。

用意を整えて相手を待つ様子を見た時、「待ち構える」という言葉を使ってみましょう。