意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「絶妙」とは?意味や使い方!例文や解釈

「絶妙」とは、「これ以上ないほどに巧みで優れているさま」を意味する言葉です。

「絶妙」「意味・読み方・使い方・絶妙を使った言葉・例文と解釈・絶妙と精妙の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

絶妙

Meaning-Book
「絶妙」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「絶妙」とは?
  • 「絶妙」の表現の使い方
  • 「絶妙」を使った言葉と意味を解釈
  • 「絶妙」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「絶妙」と「精妙」の意味の違い
  • 「絶妙」の類語や類義語・言い換え
  • 「絶妙」の英語と解釈


「絶妙」とは?

「絶妙」という表現は、「この上なく巧みで優れているさま」「相手にこれ以上ないほどに素晴らしい(最高に良い)という感じを与えること」を意味しています。

「絶妙」という言葉は、「技術・印象・時機(タイミング)などが、これ以上ないほどに巧みあるいは適切で優れているさま」「巧妙で優れていて他者に最高に素晴らしいという印象を与えること」を意味しているのです。

  • 「絶妙」の読み方

「絶妙」の読み方

「絶妙」の読み方は、「ぜつみょう」になります。



「絶妙」の表現の使い方

「絶妙」の表現の使い方は、「これ以上ないほどに巧み・適切で優れているさま」を指示して使うという使い方になります。

「絶妙」という言葉は、「この上なく巧み(巧妙)で相手に最高に素晴らしいという印象・感じを与えた時」にも使うことができます。

例えば、「彼は彼にしか出せない絶妙な色使いによって、その絵画を鑑賞する人たちをあっという間に魅了してしまいます」といった文章で、この言葉を正しく使用することができます。

「絶妙」を使った言葉と意味を解釈

「絶妙」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「絶妙の技」【ぜつみょうのわざ】
  • 「絶妙なタイミング」【ぜつみょうなタイミング】
  • 「絶妙な味」【ぜつみょうなあじ】

「絶妙の技」【ぜつみょうのわざ】

「絶妙の技」という言葉は、「この上なく巧妙・的確で優れている技術・腕前・テクニック」のことを意味しています。

例えば、「伝統工芸品としての側面も持つこの製品は、熟練の職人さんたちの絶妙の技がなければ完成させることができないのです」といった文章で使用されます。

「絶妙なタイミング」【ぜつみょうなタイミング】

「絶妙なタイミング」という表現は、「最高のタイミング」「これ以上ないほどに適切で都合の良い時機・瞬間」のことを意味しています。

例えば、「駅前で待ち合わせをしていたら、絶妙なタイミングで彼女がやってきたので気分が良くなりました」といった文章で使われます。

「絶妙な味」【ぜつみょうなあじ】

「絶妙な味」という言葉は、「これ以上ないほどにバランスが整っていて美味しい味」「最高に巧みかつ適切に調整された素晴らしい味」のことを意味しています。

例えば、「この中華料理屋で出される天津飯や中華そばは、他のお店にはない絶妙な味をしていました」といった文章で使うことができます。



「絶妙」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「絶妙」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「絶妙」を使った例文1
  • 「絶妙」を使った例文2

「絶妙」を使った例文1

「彼女はただ美貌に恵まれていただけではなく、絶妙な演技力も併せ持っていたため、女優としての才能を短期間で開花させられたのです」

この「絶妙」を使った例文は、「彼女はただ美貌に恵まれていただけではなく、最高に巧みで素晴らしい(人の心を動かせるだけの印象がある)演技力も併せ持っていたため、女優としての才能を短期間で開花させられた」ということを意味しています。

「絶妙」を使った例文2

「動きの軽快なショートが絶妙なタイミングでショートライナーを捕球して、一塁に投球したことで華麗なダブルプレーが見事に決まりました」

この「絶妙」を使った例文は、「動きの軽快なショートが、これ以上ないほどの適切なタイミングでショートライナーを捕球して、一塁に投球したことで華麗なダブルプレーが見事に決まった」ということを意味しています。

「絶妙」と「精妙」の意味の違い

「絶妙(ぜつみょう)」という表現は、「これ以上ないほどに巧みで優れているさま・他者に素晴らしいという印象を与えること」を意味しています。

それに対して、「精妙(せいみょう)」の表現にも「非常に巧妙で優れているさま」という意味があるのですが、「精妙」には「構造(造り)や動きが、非常に正確で細かくてズレがないこと」という「絶妙にはないニュアンス」がある違いがあります。

そのため、「精妙に設計された機械式時計」の方が「絶妙に設計された機械式時計」よりも言葉として自然な響きがあり、「精妙」の方が「物理的に正確・巧緻に細かく作られている機械式の時計」というニュアンスを伝えることができます。

「絶妙」の類語や類義語・言い換え

「絶妙」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「巧み・巧妙」
  • 「上手い・素晴らしい」
  • 「目覚ましい・秀逸」

「巧み・巧妙」

「絶妙」という表現は、「最高に巧みで上手いさま」「非常に巧妙で優れていること」を意味しています。

「巧妙」という表現は、「巧みで優れていること」を意味しています。

それらの意味合いから、「絶妙」という表現は「巧み・巧妙」という表現で言い換えることが可能なのです。

「上手い・素晴らしい」

「絶妙」という表現は、「この上なく巧み・適切で上手いこと」「これ以上ないほどに巧妙で素晴らしい印象を与えるさま」を意味しています。

それらの意味合いから、「絶妙」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「上手い・素晴らしい」という表現を指摘できます。

「目覚ましい・秀逸」

「絶妙」という言葉は、「この上なく巧妙で優れているために、目覚ましい印象を与えるさま」「能力・タイミング・技術などが他よりも抜きん出ていて秀逸なこと」を意味しています。

「秀逸」という表現は、「他のものや人よりも抜きん出て優れていること」を意味しています。

それらの意味から、「絶妙」という表現は「目覚ましい・秀逸」という表現で言い換えることができるのです。

「絶妙」の英語と解釈

絶妙 meaning in english

「絶妙」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“exquisite”(非常に優れている・この上なく素晴らしい・精巧な・絶妙な)

“superb”(非常に素晴らしい・とても上等な・とても素敵な・絶妙な)

“brilliant”(輝かしい・とても優れている・とても良い・絶妙な)

“I was impressed by a superb(exquisite) performance.”

「絶妙」という言葉を使ったこの英語の例文は、「私は絶妙なパフォーマンス(技)に感動しました」ということを意味しています。

icon まとめ

「絶妙」という言葉について徹底的に解説しましたが、「絶妙」には「これ以上ないほどに巧みで優れているさま」などの意味があります。

「絶妙」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「巧み・巧妙」「上手い・素晴らしい」「目覚ましい・秀逸」などがあります。

「絶妙」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。