意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「御気の毒」とは?意味や類語!例文と解釈

「御気の毒」とは、「他人の不幸・苦痛などに同情して心を痛めること」を意味する言葉です。

「御気の毒」「意味・読み方・語源・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「御気の毒」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「御気の毒」とは?
  • 「御気の毒」の語源
  • 「御気の毒」 の表現の使い方
  • 「御気の毒」を使った例文と意味を解釈
  • 「御気の毒」の類語や類義語


「御気の毒」とは?

「御気の毒」という表現は、「他人の不幸・苦痛・悩みごとなどに同情して心を痛めること」を意味しています。

また「御気の毒」という言葉には、「相手の期待・要求に応えられなかった時の謝りたい気持ち」という意味もあります。

しかし「御気の毒(御気の毒様)」という言葉には、「可哀想ですね・不幸なのですね・情けないですね」といった皮肉・嫌味・当てこすりの意味もあるので使い方には注意が必要です。

「御気の毒」は、「御気の毒様」という慣用句で使われることが多くなっています。

  • 「御気の毒」の読み方

「御気の毒」の読み方

「御気の毒」の読み方は、「おきのどく」になります。



「御気の毒」の語源

「御気の毒」の語源は、「自分の気持ちにとって悪影響を及ぼす毒になる」ということを意味する「気の毒(きのどく)」にあります。

「気の毒」は、自分の気持ちにとって良い効果のある「気の薬(きのくすり)」の対義語として想定されていた言葉です。

「御気の毒」という表現の語源・由来は、「他人の不幸・苦痛・悩みなどを見聞きすると、それに共感したり同情したりして自分まで苦しくなってしまうこと(=気の毒になってしまうこと)」にあるのです。

「御気の毒」 の表現の使い方

「御気の毒」 の表現の使い方は、「他人の不幸・苦痛に同情して自分まで苦しくなった時」「相手の期待・思いに応えられず申し訳なく思った時」に使うという使い方になります。

また「御気の毒」という言葉は、「相手のことを可哀想(不幸な人)と思って見下す気持ち」を間接的な皮肉・嫌味として表現したい時にも使われます。

例えば、「資格試験に落ちてしまったようですが、御気の毒様でしたね」といった皮肉・嫌味を込めた文章で使われます。



「御気の毒」を使った例文と意味を解釈

「御気の毒」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「御気の毒」を使った例文1
  • 「御気の毒」を使った例文2

「御気の毒」を使った例文1

「お母様がご病気になられたと知人から聞いたのですが、御気の毒様です」

この「御気の毒」を使った例文は、「お母様がご病気になられたと知人から聞いたのですが、(お母様の病気・苦しみのことをお聞きして)私も同情して胸が苦しくなってきます」ということを意味しています。

「御気の毒」を使った例文2

「御社の経営が厳しいということも知っていて御気の毒だと思うのですが、弊社としましては今回のご提案を受け入れることは難しいのです」

この「御気の毒」を使った例文は、「御社の経営が厳しいということも知っていて、ご期待・ご要望に添えずに申し訳ないと思うのですが、弊社としましては今回のご提案を受け入れることは難しいのです」ということを意味しています。

「御気の毒」の類語や類義語

「御気の毒」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「胸が痛む・同情する」
  • 「憐れ・可哀想」

「胸が痛む・同情する」

「御気の毒」という表現は、「相手の不幸・苦痛・悩みなどに対して、自分のことのように同情して自分まで胸が痛くなるようなこと」を意味しています。

その意味合いから、「御気の毒」とほとんど同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「胸が痛む・同情する」を指摘できます。

「憐れ・可哀想」

「御気の毒」という表現は、「相手のことを憐れんで見下していう言葉」「相手のことを可哀想・惨めだと思っていう言葉」など皮肉・嫌味・当てこすりの意味を持っています。

その意味合いから、「御気の毒」と近い類似の意味を持つ類義語として、「憐れ・可哀想」が上げられます。

icon まとめ

「御気の毒」という言葉について徹底的に解説しましたが、「御気の毒」には「他人の不幸・苦痛などに同情して心を痛めるさま」などの意味があります。

「御気の毒」の類語(シソーラス)・類義語としては、「胸が痛む・同情する」「憐れ・可哀想」などがあります。

「御気の毒」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。