意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「迎え撃つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「迎え撃つ」とは、「攻め寄せてくる敵を待ち受けてから攻撃を加えること」を意味する言葉です。

「迎え撃つ」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「迎え撃つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「迎え撃つ」とは?
  • 「迎え撃つ」の表現の使い方
  • 「迎え撃つ」を使った例文と意味を解釈
  • 「迎え撃つ」の類語や類義語


「迎え撃つ」とは?

「迎え撃つ」という表現は、「攻め寄せてくる敵を待ち受けてから、自分も攻撃を加えること」を意味しています。

また「迎え撃つ」という言葉には、「相手の攻撃を受けてから、自分も反撃を加えること」「相手の攻撃をいったん受け流してから、カウンター攻撃で返すこと」といった意味もあります。

  • 「迎え撃つ」の読み方

「迎え撃つ」の読み方

「迎え撃つ」の読み方は、「むかえうつ」になります。



「迎え撃つ」の表現の使い方

「迎え撃つ」の表現の使い方は、「敵の進撃を待ち受けてから攻撃を加える場合」「相手の攻撃を受けてから反撃する時」に使うという使い方になります。

例えば、「どんな敵が攻めてきても、必ず迎え撃って撃退するだけの自信があります」といった文章で使えます。

「迎え撃つ」を使った例文と意味を解釈

「迎え撃つ」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「迎え撃つ」を使った例文1
  • 「迎え撃つ」を使った例文2

「迎え撃つ」を使った例文1

「敵を迎え撃つための準備を終えて、全軍を敵から見えない位置へと移動させました」

この「迎え撃つ」を使った例文は、「敵を待ち受けて攻撃を加えるための準備を終えて、全軍を敵から見えない位置へと移動させた」ということを意味しています。

「迎え撃つ」を使った例文2

「相手が先制攻撃を仕掛けてくるというのであれば、こちらは逃げも隠れもせずその攻撃を迎え撃つまでです」

この「迎え撃つ」を使った例文は、「相手が先制攻撃を仕掛けてくるというのであれば、こちらは逃げも隠れもせず、相手の攻撃を待ってから反撃を加えるまでである」ということを意味しています。



「迎え撃つ」の類語や類義語

「迎え撃つ」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「迎撃する・引きつけて撃つ」
  • 「カウンター攻撃を加える」【カウンターこうげきをくわえる】

「迎撃する・引きつけて撃つ」

「迎え撃つ」という表現は、「攻めてくる敵を待ち受けてから迎撃すること」「敵を引きつけて(敵に先に攻撃させてから)撃つこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「迎え撃つ」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「迎撃する・引きつけて撃つ」を上げることができます。

「カウンター攻撃を加える」【カウンターこうげきをくわえる】

「迎え撃つ」という言葉は、「(主にボクシングなどの戦術で用いられる)相手に先に攻撃させてから、その勢いを逆に利用してカウンター攻撃(反撃)を加えること」を意味しています。

その意味合いから、「迎え撃つ」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「カウンター攻撃を加える」を指摘できます。

icon まとめ

「迎え撃つ」という言葉について解説しましたが、「迎え撃つ」には「攻め寄せてくる敵を待ち受けてから攻撃を加えること」などの意味があります。

「迎え撃つ」の類語(シソーラス)・類義語としては、「迎撃する・引きつけて撃つ」「カウンター攻撃を加える」などがあります。

「迎え撃つ」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。