意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遠因」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「遠因」とは、「ある結果を導いた直接的ではない間接的な原因」を意味する言葉です。

「遠因」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

遠因

Meaning-Book
「遠因」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「遠因」とは?
  • 「遠因」の表現の使い方
  • 「遠因」を使った例文と意味を解釈
  • 「遠因」の類語や類義語


「遠因」とは?

「遠因」という表現は、「ある結果を導いた直接的ではない間接的な原因」を意味しています。

「遠因」というのは、「ある結果を導いた遠い原因」「ある結果を引き起こした原因に何らかの形で関わっている間接的な事柄」を意味している表現なのです。

  • 「遠因」の読み方

「遠因」の読み方

「遠因」の読み方は、「えんいん」になります。



「遠因」の表現の使い方

「遠因」の表現の使い方は、「ある結果を導いた直接的ではない間接的な原因」「ある結果を引き起こした遠い原因」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「早朝に発生したこの自動車事故の遠因は、深夜の間に路面が滑りやすいアイスバーン状に凍結していたことでした」といった文章で、「遠因」という言葉を使用することができます。

「遠因」を使った例文と意味を解釈

「遠因」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「遠因」を使った例文1
  • 「遠因」を使った例文2

「遠因」を使った例文1

「地球上の各大陸が現在のような配置になった遠因は、パンゲア(超大陸)を少しずつ分割して離れさせたプレートテクトニクスの力にあります」

この「遠因」を使った例文は、「地球上の各大陸が現在のような配置になった間接的な原因(遠い原因)は、パンゲア(超大陸)を少しずつ分割して離れさせたプレートテクトニクスの力にある」ということを意味しています。

「遠因」を使った例文2

「二人が仲違いして絶交するまでになった遠因は、お金の貸し借りで揉めたことにありました」

この「遠因」を使った例文は、「二人が仲違いして絶交するまでになったことに関係する間接的な原因は、お金の貸し借りで揉めたことにあった」を意味しています。



「遠因」の類語や類義語

「遠因」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「間接的な原因・大元の原因」
  • 「発端・そもそもの原因」

「間接的な原因・大元の原因」

「遠因」という表現は、「直接的ではない間接的な原因」「ある結果を導き出した大元(出発点)の原因」のことを意味しています。

それらの意味から、「遠因」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「間接的な原因・大元の原因」を指摘することができます。

「発端・そもそもの原因」

「遠因」という言葉は、「ある結果を生み出す発端(始まり・きっかけ)となった原因」「ある結果を引き出したそもそもの原因」を意味しています。

それらの意味から、「遠因」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「発端・そもそもの原因」を上げることができます。

icon まとめ

「遠因」という言葉について解説しましたが、「遠因」には「ある結果を導いた直接的ではない間接的な原因」などの意味があります。

「遠因」の類語(シソーラス)・類義語としては、「間接的な原因・大元の原因」「発端・そもそもの原因」などがあります。

「遠因」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。