意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪条件」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悪条件」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悪条件」という言葉を使った例文や、「悪条件」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「悪条件」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悪条件」とは?
  • 「悪条件」を使った例文や短文など
  • 「悪条件」の類語や類義語・言い換え


「悪条件」とは?

「悪条件」という言葉を知っているでしょうか。

「悪条件に負けない」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「悪条件」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「悪条件」という言葉の意味を紹介します。

  • 「悪条件」の読み方
  • 「悪条件」の意味

「悪条件」の読み方

「悪条件」「あくじょうけん」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「悪条件」「あくじょうけん」と読みましょう。

「悪条件」の意味

「悪条件」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「悪条件」には、「物事の成立や成功を阻む、悪い事柄」という意味があります。

また「自分にとって不利になる条件や環境」という意味があります。

例えば、マラソンをする時に雨が降るのは、好タイムを阻む悪い事柄になります。

そのような環境でも好記録を出した時、「悪条件に負けない」と言えます。

このように、「悪条件」という言葉には、「物事の成立や成功を阻む、悪い事柄」「自分にとって不利になる条件や環境」という意味があります。



「悪条件」を使った例文や短文など

続いて「悪条件」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「悪条件」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「悪条件」を使った例文1
  • 「悪条件」を使った例文2

「悪条件」を使った例文1

「発熱に下痢と、受験当日に『悪条件』が揃った」

この例文は大学や資格試験の受験当日に、自分に不利な条件がそろってしまった人についての文章になります。

発熱と下痢が重なったら、「かなりの悪条件」と言えるでしょう。

この状況で結果を出せれば、実力と精神力はお墨付きと言えるでしょう。

「悪条件」を使った例文2

「A選手は強いため、アウェーという『悪条件』はもろともしない」

この例文は、Aというアスリートが、アウェーという不利な状況で試合をすることになったものの、実力が高いため、問題にしないという文章になります。

相手をはるかに上回る実力さえあれば、「悪条件」など気にせず、勝利を手に入れられるかもしれません。

「悪条件」の類語や類義語・言い換え

次に「悪条件」の類語や類似表現を紹介します。

「悪条件」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「不利な状況」【ふりなじょうきょう】
  • 「アウェー」

「不利な状況」【ふりなじょうきょう】

「不利な状況」には「状態や状況が良くなくなること」という意味があります。

例えば野球の試合で敵チームに先取点を取られれば、「不利な状況」になります。

「アウェー」

「アウェー」には、「場所や雰囲気が、自分にとって居づらいこと」という意味があります。

例えば国際試合を敵の国でする時、「アウェーの戦い」と呼び、不利が予想されます。



icon まとめ

「悪条件」という言葉について見てきました。

物事の成立や成功を阻むような悪い事柄や、自分に不利になるような条件や環境について話す時、「悪条件」という言葉を使ってみましょう。