意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「纏わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「纏わせる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「纏わせる」という言葉を使った例文や、「纏わせる」の類語を紹介して行きます。

纏わせる

Meaning-Book
「纏わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「纏わせる」とは?
  • 「纏わせる」を使った例文や短文など
  • 「纏わせる」の類語や類義語・言い換え


「纏わせる」とは?

「纏わせる」という言葉を知っているでしょうか。

「威厳を纏わせている上司」の姿を思い浮かべた人もいるでしょう。

一方で、「纏わせる」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「纏わせる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「纏わせる」の読み方
  • 「纏わせる」の意味

「纏わせる」の読み方

「纏わせる」「まとわせる」と読みます。

かなり読み方が難しい言葉のため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に「纏わせる」「まとわせる」と読みましょう。

「纏わせる」の意味

「纏わせる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「纏わせる」には、「纏うようにする」という意味や、「絶えずそばを離れないでつきまとわせる」という意味があります。

「威厳を纏わせている上司」は、威厳のある雰囲気を、服のように体に纏わせる上司という意味があります。

このように、「纏わせる」という言葉には、「纏うようにする」という意味や、「絶えずそばを離れないでつきまとわせる」という意味があります。



「纏わせる」を使った例文や短文など

続いて「纏わせる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「纏わせる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「纏わせる」を使った例文1
  • 「纏わせる」を使った例文2

「纏わせる」を使った例文1

「眠る時は、タオルケットを体に『纏わせる』」

この例文は、「纏わせる」という言葉の基本的な使い方になります。

タオルケットのような薄手の布を、体にくっつけて眠る様子を「タオルケットを纏わせて眠る」と表現します。

「纏わせる」を使った例文2

「悲壮な雰囲気を『纏わせて』受験会場に向かう」

この例文のように、全身から「悲壮感」という文字が浮かび上がるほど、「悲壮な雰囲気」をマントのように「纏わせた」受験生がいます。

このような重圧や緊張を跳ね返し、受験を無事に終えれば、悲壮という名のマントを脱ぎ棄てられるでしょう。

「纏わせる」の類語や類義語・言い換え

「纏わせる」の類語や類似表現を紹介します。

「纏わせる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「くるむ」
  • 「包む」【つつむ】

「くるむ」

くるむ」には、「大きな布や紙などで、全体を覆って入れること」という意味があります。

サムギョプサルを食べる時、サンチュなどで肉や野菜を覆ってから食べるため、「サンチュで肉をくるんで食べる」と表現できます。

「包む」【つつむ】

「包む」には「巻くようにして物をくるむ」という意味があります。

「洗濯ものを風呂敷で包む」という文章には、洗濯物を風呂敷で巻くようにするという意味があります。



icon まとめ

「纏わせる」という言葉について見てきました。

何かを纏うようにする時、絶えずそばを離れないで付きまとわせる時に「纏わせる」という言葉を使ってみましょう。