意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「長引く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「長引く」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「長引く」という表現について詳しく紹介していきます。

長引く

Meaning-Book
「長引く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「長引く」とは?
  • 「長引く」の表現の使い方
  • 「長引く」を使った例文と意味を解釈
  • 「長引く」の類語や類義語


「長引く」とは?

「長引く」というのは「物事の進行に時間がかかる」「予想された時間を超えて長くかかる」という時に使われる表現です。

例えば、会議などをするときは終わる時間を大体考えておきますよね。

しかし話し合いがしっかりと進まず、時間がかかってしまった、終わる時間が伸びてしまった、ということもあるかもしれません。

そのような時は会議が「長引く」ということになります。

  • 「長引く」の読み方

「長引く」の読み方

「長引く」という表現は「ながびく」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ知っておきましょう。



「長引く」の表現の使い方

シーズンになると野球の試合などが「長引いて」、テレビ番組に影響が出ることもありますよね。

例えば、野球の試合が8時までの予定なのに、それが「長引いた」場合は8時に試合が終わらず、中継が延長されてしまって本来は8時から始まる予定だった番組に影響が出てしまう、などということもあります。

会議等が「長引く」と終わる時間が遅くなってしまい、他の仕事に支障が出るということもあるかもしれません。

「長引く」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「長引く」を使った例文1
  • 「長引く」を使った例文2

「長引く」を使った例文1

「次の仕事に支障が出ますので、長引かないようにしてください」

会議などをする場合、タイムキーパーの仕事が重視されることもあります。

仕事を時間内に終わらせなければ次にやるべき仕事を始める時間帯が遅くなってしまい、全体的に負担になることもありますよね。

そのため、会議などをするときは長引かないように気をつけなければいけない場合もあります。

「長引く」を使った例文2

「プレゼンが長引くと、それだけで聞いてもらえなくなる可能性があります」

プレゼン等が長引いてしまった場合、それだけで信頼をなくしてしまうこともあるかもしれません。

確かに少し長引いただけなら良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際には時間を守るということも仕事をする上で重要です。

時間が守れない人、と思われないようにしたいものです。



「長引く」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「際限がない」【さいげんがない】
  • 「延長する」【えんちょうする】

「際限がない」【さいげんがない】

「際限がない」というのは「いつまでも決着がつかない様子」「モグラ叩きのような」という意味になります。

いたちごっこのような、と言われることもあります。

「延長する」【えんちょうする】

「延長する」というのは「長さや期間を伸ばす、あるいは伸びる」ということです。

その対義語は「短縮する」になります。

icon まとめ

「長引く」という表現はビジネスなどでも使われますのでよく覚えておきましょう。

自分が何かをするときには長引かせないように気をつけたいものです。

特にタイムキーパーなどを任された場合は責任を持って仕事をしなければいけませんね。