意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「轟かせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「轟かせる」とは、「大きな音を鳴り響かせること」「世の中に広く知られるようにすること」などを意味する言葉です。

「轟かせる」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

轟かせる

Meaning-Book
「轟かせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「轟かせる」とは?
  • 「轟かせる」の表現の使い方
  • 「轟かせる」を使った例文と意味を解釈
  • 「轟かせる」の類語や類義語


「轟かせる」とは?

「轟かせる」という表現は、「大きな音を鳴り響かせること」を意味しています。

「轟かせる」というのは、「社会(世の中)に自分の名前・業績などを広く知られるようにすること」を意味している表現なのです。

また「轟かせる」という表現には、「(期待・興奮などで)胸をどきどきさせる」といった意味合いもあります。

  • 「轟かせる」の読み方

「轟かせる」の読み方

「轟かせる」の読み方は、「とどろかせる」になります。



「轟かせる」の表現の使い方

「轟かせる」の表現の使い方は、「(落雷・事故・爆発・楽器などで)大きな音を鳴り響かせるような時」に使うという使い方になります。

また「轟かせる」という表現は、「自分の名前・業績・名誉などが、社会(世の中)に広く知られるようにする場合」に使うこともできます。

例えば、「彼は自社を上場企業にまで成長させたことで、一流の経営者としての名声を轟かせました」といった文章で使用することができるのです。

「轟かせる」を使った例文と意味を解釈

「轟かせる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「轟かせる」を使った例文1
  • 「轟かせる」を使った例文2

「轟かせる」を使った例文1

「山林の中に落ちた雷が、数十キロ以上は離れた都市部にまでその激しい音を轟かせました」

この「轟かせる」を使った例文は、「山林の中に落ちた雷が、数十キロ以上は離れた都市部にまでその激しい音を響きわたらせた」ということを意味しています。

「轟かせる」を使った例文2

「古代ローマ帝国の皇帝は、ヨーロッパ全土を越えて北アフリカやペルシャ地方、西アジアにまでその名声を轟かせました」

この「轟かせる」を使った例文は、「古代ローマ帝国の皇帝は、ヨーロッパ全土を越えて北アフリカやペルシャ地方、西アジアの遠方にまで、その名声を広く知らせていた」ということを意味しています。



「轟かせる」の類語や類義語

「轟かせる」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「鳴り響かせる」【なりひびかせる】
  • 「広く知らせる」【ひろくしらせる】

「鳴り響かせる」【なりひびかせる】

「轟かせる」という表現は、「大きな音を遠くにまで鳴り響かせること」を意味しています。

その意味合いから、「轟かせる」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「鳴り響かせる」を指摘できるのです。

「広く知らせる」【ひろくしらせる】

「轟かせる」という表現は、「自分の名前・業績・権威・名誉などを、社会(世の中)に広く知らせること」を意味しています。

その意味合いから、「轟かせる」と近しい似た意味を持つ類義語として、「広く知らせる」を上げられます。

icon まとめ

「轟かせる」という言葉について解説しましたが、「轟かせる」には「大きな音を鳴り響かせること」「世の中に広く知られるようにすること」などの意味があります。

「轟かせる」の類語(シソーラス)・類義語としては、「鳴り響かせる」「広く知らせる」などがあります。

「轟かせる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。