意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見比べる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見比べる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「見比べる」という言葉の理解を深めていきましょう。

見比べる

Meaning-Book
「見比べる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見比べる」とは?
  • 「見比べる」の表現の使い方
  • 「見比べる」を使った例文と意味を解釈
  • 「見比べる」の類語や類義語


「見比べる」とは?

「見比べる」とは二つ以上あるものをそれぞれに見て、比べることを言います。

また比較して考える、比較検討するという意味でもあります。

  • 「見比べる」の読み方

「見比べる」の読み方

「見比べる」と書いて「みくらべる」と読みます。



「見比べる」の表現の使い方

「見比べる」とは二つ以上のものをそれぞれ「見て」比べることを言います。

例えば音楽を聴いてどちらがいいか決めるならば「聴き比べる」となります。

「二人の顔を見比べるが、似ていて見分けがつかない」「商品を見比べるが、それほどスペックに違いもない」という風に使います。

「見比べる」を使った例文と意味を解釈

それでは「見比べる」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「見比べる」を使った例文1
  • 「見比べる」を使った例文2

「見比べる」を使った例文1

「みんなの作品を見比べると、私の作った作品が一番下手で恥ずかしい」

二つ以上のものをそれぞれ見て比べることを「見比べる」と言います。

例文のように複数の作品を集めて、見ることで、上手い、下手など比較検討されることは多いでしょう。

またその結果、素晴らしいとされた人が賞をとるということでもあります。

「見比べる」を使った例文2

「どちらの服にするか、長いこと見比べるが、迷って決まらない」

「見比べる」とは比較して考えることを言います。

例文のようにどちらの服を選ぶか見て考えることを「見比べる」と言います。



「見比べる」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「見比べる」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「照らし合わせる」【てらしあわせる】
  • 「比較する」【ひかくする】
  • 「チェック」

「照らし合わせる」【てらしあわせる】

「照らし合わせる」とは二つ以上のものを異同などを調べる為に「見比べる」ことを言います。

「ノートと教科書を照らし合わせるが、間違いはなかった」「伝票と在庫を、照らし合わせるようにしている」

「比較する」【ひかくする】

「比較する」とは二つ以上あるものを、相違ないか比べたり、考えることを言います。

「ここにある在庫を持ち帰って比較することにしよう」「どちらがいいか比較検討中」などと使います。

「チェック」

「チェック」とは、点検すること、検査すること、照合することといった意味で使います。

またそれが済んだという印のことを「チェック」とも言います。

「伝票をチェックする」「間違いがないか、もう一度チェックする」「入場者のチェックをお願いします」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「見比べる」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。