意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「犬死に」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「犬死に」とは、「目的があって行動したが何の役にも立たずに死ぬこと」を意味する言葉です。

「犬死に」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

犬死に

Meaning-Book
「犬死に」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「犬死に」とは?
  • 「犬死に」の表現の使い方
  • 「犬死に」を使った例文と意味を解釈
  • 「犬死に」の類語や類義語


「犬死に」とは?

「犬死に」という表現は、「目的があって行動したが何の役にも立たずに死ぬこと・何の成果も上げられずに死ぬこと」を意味しています。

「犬死に」というのは、「何の意味も価値もなく無駄な死に方をすること」を意味する表現なのです。

  • 「犬死に」の読み方

「犬死に」の読み方

「犬死に」の読み方は、「いぬじに」になります。



「犬死に」の表現の使い方

「犬死に」の表現の使い方は、「何の役にも立たずに死んだ場合」「何の意味・価値もなく無駄に死ぬような死に方をした時」に使うという使い方になります。

例えば、「他人の争いごとに巻き込まれて犬死にしないように精々気をつけることですね」といった文章で使用することができます。

「犬死に」を使った例文と意味を解釈

「犬死に」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「犬死に」を使った例文1
  • 「犬死に」を使った例文2

「犬死に」を使った例文1

「戦争では悲惨な体験や苦しい思いをすることになるだろうが、親御さんのためにも犬死にだけはしてはいけない」

この「犬死に」を使った例文は、「戦争では悲惨な体験や苦しい思いをすることになるだろうが、親御さんのためにも何の意味もなく無駄に死ぬような死に方をしてはいけない」を意味しています。

「犬死に」を使った例文2

「誰よりも慎重で用心深い性格だった彼に限って、まさか犬死にするようなことだけはないだろうとばかり思っていました」

この「犬死に」を使った例文は、「誰よりも慎重で用心深い性格だった彼に限って、まさか何の役にも立たず無駄に死ぬようなことだけはないだろうとばかり思っていた」ということを意味しています。



「犬死に」の類語や類義語

「犬死に」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「無駄死に」【むだじに】
  • 「無意味な死」【むいみなし】

「無駄死に」【むだじに】

「犬死に」という表現は、「当初は目的があって行動したが、何の役にも立たずに無駄に死んでしまうこと」を意味しています。

その意味合いから、「犬死に」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「無駄死に」を上げられます。

「無意味な死」【むいみなし】

「犬死に」という言葉は、「何の成果も上げられず何の役にも立たなかった無意味な死」「何の意味も価値もないような無駄な死に方をすること」を意味しています。

それらの意味合いから、「犬死に」と近しい類似の意味を持った類義語(シソーラス)として、「無意味な死」という表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

「犬死に」という言葉について解説しましたが、「犬死に」には「目的があって行動したが何の役にも立たずに死ぬこと」などの意味があります。

「犬死に」の類語(シソーラス)・類義語としては、「無駄死に」「無意味な死」などがあります。

「犬死に」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。