意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「穴が多い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「穴が多い」と言われたら一体どの様な意味があるのでしょうか。

使い方や例文なども併せて詳しく紹介します。

穴が多い

Meaning-Book
「穴が多い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「穴が多い」とは?
  • 「穴が多い」の表現の使い方
  • 「穴が多い」を使った例文と意味を解釈
  • 「穴が多い」の類語や類義語


「穴が多い」とは?

「穴が多い」の概要について紹介します。

  • 「穴が多い」の読み方
  • 「やるべき仕事ができていないことが多い」の意味
  • 「欠点が多い」の意味
  • 「損失が大きいこと」の意味
  • 「穴が多い」の由来

「穴が多い」の読み方

「穴が多い」「あながおおい」と読みます。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「やるべき仕事ができていないことが多い」の意味

仕事で「いつまでにやること」という期限が決まっているものに対して、その日までにできないことが多い時の表現です。

提出されない、商品が届かないなどのトラブルが何度も起きることを言います。

「欠点が多い」の意味

そのプロジェクトや計画に対して、欠点や改善すべき点が複数あることを言います。

そのまま進めていくと途中で思わぬトラブルが起きる可能性がある時の表現です。

「損失が大きいこと」の意味

経理上で、損失が大きくて補てんが難しいことを言います。

一つの勘定だけではなく、業績が悪く、複数の勘定で赤字が出ている時に使われます。

「穴が多い」の由来

「穴が多い」の由来は「一覧表にそこだけ穴が開いた様に空欄ができてしまうこと」から来ています。

あらゆるケースで、あるべきものがないとそこだけ項目が埋まらずにぽっかりと空いてしまう様子を「穴」に例えているのです。

「多い」という言葉により、「あるべきものがない状態」が複数あることを表しています。



「穴が多い」の表現の使い方

「穴が多い」の使い方を紹介します。

  • 好ましくない意味で使われる
  • 人に対しても使われる

好ましくない意味で使われる

「穴が多い」は、ものごとがうまくいっていない時に使われる言葉です。

スムーズに達成できるはずのものができない状態を表し、好ましくない意味で使われます。

人に対しても使われる

「穴が多い」は人に対しても使われます。

仕事において、休みが多かったり、離職率が高く人材不足になっているオフィスに対しても使われます。

「穴が多い」を使った例文と意味を解釈

「穴が多い」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「穴が多い」を使った例文1
  • 「穴が多い」を使った例文2

「穴が多い」を使った例文1

「最近〇〇会社からの納品には穴が多い」

取引をしていて、相手の会社から納品される際に欠品が多いことを表しています。

原因は様々で、海外に工場がある場合は「現地工場がストライキ中」「原材料が手に入りにくくなった」などが挙げられます。

「穴が多い」を使った例文2

「このプロジェクトは穴が多いので、考え直した方がいい」

そのプロジェクトの計画を見たところ、うまくいかないのではと思われる点が多く、もう一度最初からしっかりと計画を立て直すべきであるという意見です。



「穴が多い」の類語や類義語

「穴が多い」の類語を紹介します。

  • 「ミスが多い」【みすがおおい】
  • 「漏れが多い」【もれがおおい】

「ミスが多い」【みすがおおい】

「人為的な失敗が多いこと」という意味です。

「漏れが多い」【もれがおおい】

「記載ミスやうっかりミスによるやりそびれなど、欠落している部分があること」という意味です。

icon まとめ

「穴が多い」「やるべき仕事ができていないことが多い」「欠点が多い」「損失が大きいこと」という意味があります。

ビジネスでは良くない意味として使いましょう。