意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「堪らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「堪らない」とは、「感情・欲求などを我慢できない」「その状態を維持できない」を意味する言葉です。

「堪らない」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

堪らない

Meaning-Book
「堪らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「堪らない」とは?
  • 「堪らない」の表現の使い方
  • 「堪らない」を使った例文と意味を解釈
  • 「堪らない」の類語や類義語


「堪らない」とは?

「堪らない」という表現は、「感情・欲求などを我慢(抑制)できない」「その状態を保てない・持ちこたえられずダメになる」「耐えられずに困る」を意味しています。

また「堪らない」という表現には、「この上なく素晴らしい・何とも言えないくらい最高に良い」「程度・水準がはなはだしい、はなはだしくてじっとしていられない」といった意味もあります。

  • 「堪らない」の読み方

「堪らない」の読み方

「堪らない」の読み方は、「たまらない」になります。



「堪らない」の表現の使い方

「堪らない」の表現の使い方は、「感情・気分などを我慢できない場合」「今の状態を保てない時・持ちこたえられない時」「何とも言えないくらいに素晴らしいと感じた時」などに使うという使い方になります。

例えば、「朝から何も食べておらず、お腹が空いて堪らなかったのです」「働きすぎてからだが堪らない」といった文章で使用することができます。

「堪らない」を使った例文と意味を解釈

「堪らない」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「堪らない」を使った例文1
  • 「堪らない」を使った例文2

「堪らない」を使った例文1

「そんなに横暴なクレームばかり入れられたら、お店のクレーム担当者は堪らないでしょう」

この「堪らない」を使った例文は、「そんなに横暴なクレームばかり入れられたら、お店のクレーム担当者は精神的に持ちこたえられないだろう」ということを意味しています。

「堪らない」を使った例文2

「このリゾート施設は、ホテルや室内プールも良いのですが、ディナーの豪華な料理が堪らないのです」

この「堪らない」を使った例文は、「このリゾート施設は、ホテルや室内プールも良いのですが、ディナーの豪華な料理が何とも言えないくらい良いのです」ということを意味しています。



「堪らない」の類語や類義語

「堪らない」の類語・類義語について、分かりやすく解説していきます。

  • 「我慢できない・限界である」
  • 「最高に良い・甚だしい」

「我慢できない・限界である」

「堪らない」という表現は、「感情・欲求などをこれ以上我慢することができない」「これ以上耐えられず限界である」ということを意味しています。

その意味合いから、「堪らない」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「我慢できない・限界である」を指摘できます。

「最高に良い・甚だしい」

「堪らない」という言葉には、「我慢できないほどに良いこと」「この上なく良いさま」「程度・レベルがはなはだしくて刺激が強いさま」といった意味があります。

それらの意味合いから、「堪らない」という表現に近しい類似の意味を持つ類義語として、「最高に良い・甚だしい」を上げることができるのです。

icon まとめ

「堪らない」という言葉について解説しましたが、「堪らない」には「感情・欲求などを我慢できない」「その状態を維持できない」などの意味があります。

「堪らない」の類語(シソーラス)・類義語としては、「我慢できない・限界である」「最高に良い・甚だしい」などがあります。

「堪らない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。