意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いつの間にか」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「いつの間にか」という表現は誰もが使った経験を持つのではないでしょうか。

ここでは「いつの間にか」という表現について詳しく紹介していきます。

いつの間にか

Meaning-Book
「いつの間にか」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「いつの間にか」とは?
  • 「いつの間にか」の表現の使い方
  • 「いつの間にか」を使った例文と意味を解釈
  • 「いつの間にか」の類語や類義語


「いつの間にか」とは?

「いつの間にか」というのは「いつそうなったかは知らないうちに」という意味になります。

物事の中にはあっという間に起こってしまい、いつそうなったかわからないということがありますよね。

例えば子供はあっという間に成長してしまいます。

気がついたら子供が大人になっていて「いつの間にか大きくなった」と思うこともあるのではないでしょうか。

しかし子育てをしている間は一生懸命で、自分の子供は問題も多いし、いつまでたっても子供だと思っていることもあるかもしれません。

しかし、ふとした時に子供が成長した姿を見て、「いつの間にか大きくなったなぁ」と思うのではないでしょうか。



「いつの間にか」の表現の使い方

「いつの間にか」という表現は「いつそうなったかは知らないうちに」という意味になります。

例えば、近所の子供たちが「いつの間にか」高校生になっていたなどということもあるのではないでしょうか。

ついこの前まで幼稚園児だったのに、いつの間にか高校生の制服を着て出かけていた、いつの間にか大学生になった、などということもあるかもしれませんね。

「いつの間にか」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「いつの間にか」を使った例文1
  • 「いつの間にか」を使った例文2

「いつの間にか」を使った例文1

「いつの間にかあそこに本屋さんが建っていました」

気がつかないうちに建物が新しくできており、お店が開店した、などということもあるかもしれません。

同じ街の中であったとしてもいつもいつもその状態を見ているわけでは無いですし、気づいたら大きな建物が建てられていた、などということもあるかもしれませんね。

「いつの間にか」を使った例文2

「いつの間にかあそこのスーパーが閉店していました」

お店が変わっていく様子はお店が開店したという事だけではなく、閉店したということもあるかもしれません。

いつの間にかお店が閉店してしまっていた、いつの間にかお店が取り壊されていた、などということもあるかもしれないですね。

いつの間にか街の雰囲気が変わっている、というのはよくあることです。



「いつの間にか」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「いつしか」
  • 「知らぬ間に」【しらぬまに】

「いつしか」

「いつしか」というのは「時間の経過に伴う変化に気づかないうちに」という意味になります。

いつの間にか、という意味です。

「知らぬ間に」【しらぬまに】

「知らぬ間に」というのは「気づかないうちに何かが進展している期間」などを意味する表現です。

自分で気づかないまま行動をとる時にも使われます。

icon まとめ

「いつの間にか」という表現は誰でも使った経験を持つのではないでしょうか。

子供が「いつの間にか」大きくなってしまった、などという事は多くの人が経験する気持ちかもしれませんね。