意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妬んだ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「妬んだ」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

この言葉は、人に対する気持ちを表す言葉の1つですが、あまりいい意味で使われるものではありません。

でも、この言葉の意味や使い方が今一つ分からない人もいることも思います。

そこで今回は、この「妬んだ」という意味について説明して行くことにします。

妬んだ

Meaning-Book
「妬んだ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「妬んだ」とは?
  • 「妬んだ」の表現の使い方
  • 「妬んだ」を使った例文と意味を解釈
  • 「妬んだ」の類語や類義語


「妬んだ」とは?

「妬んだ」とは、「他人の幸福や長所が羨ましくなり、憎らしいと思う」「ねたましく思って」「腹を立てて悔しく思う」などの解釈ができます。

  • 「妬んだ」の読み方

「妬んだ」の読み方

「妬んだ」「ねたんだ」という読み方になりますので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「妬んだ」の表現の使い方

「妬んだ」「他人の幸福や長所が羨ましくなり、憎らしいと思う」という意味になりますので、自分より境遇のいい人を見て憎らしく感じるような場面で使われることになります。

「妬んだ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「妬んだ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「妬んだ」を使った例文1
  • 「妬んだ」を使った例文2

「妬んだ」を使った例文1

「彼女は彼を妬んだ気持ちで一杯だ。もうあの子の気持ちを和らげることはできないだろう」

このように人を「妬んだ」気持ちしか持つことができない人は、とても不幸な人だと思います。

このような気持ちで凝り固まっている人の心を解放することは、並大抵のことではできません。

「妬んだ」を使った例文2

「明らかに、市民の多くは、彼の富と地位に妬んだ気持ちで見ている」

どのような世界にも、一般市民と富裕層の間で、このような「妬んだ」思いや自然とが存在しています。

この例文でも、経済的に疲弊している市民の多くが裕福な「彼」に対して、「妬んだ」気持ちで見ているのです。

そのうち憎悪の念が生まれてきて、さらに大きな不幸が待ち受けている危険性さえはらんでいます。



「妬んだ」の類語や類義語

「妬んだ」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「焼きもちを焼いた」【やきもちをやいた】
  • 「嫉妬した」【しっとした】

「焼きもちを焼いた」【やきもちをやいた】

「焼きもちを焼いた」という言葉も「妬んだ」の類義語として挙げることができます。

「嫉妬した」「妬んだ」などを意味する慣用句で、こちらの言い方の方がポピュラーな使い方でしょう。

「嫉妬した」【しっとした】

「嫉妬した」という言葉も在ります。

「他人が自分より恵まれていたり、優れていることに対してうらやむ」ということを指しています。

icon まとめ

「妬んだ」という言葉について、その意味や使い方を見てきましたが、この言葉の意味を理解すると、人の心の奥底には表面上では理解することが難しい「心の闇」があることに気付かされます。

自分は、そのように思っていなくても、周りの人は、「妬んだ」気持ちで見ていることも少なくないので、日頃の振る舞いに注意する必要がありそうです。