意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嫌がらせ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「嫌がらせ」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「嫌がらせ」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「嫌がらせ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「嫌がらせ」とは?
  • 「嫌がらせ」の表現の使い方
  • 「嫌がらせ」を使った例文と意味を解釈
  • 「嫌がらせ」の類語や類義語


「嫌がらせ」とは?

これは「相手に対して意図的に不快な思いをさせる」という意味になります。

例えば、性的な「嫌がらせ」は一般的にセクハラと言われますよね。

また、クラスの中で「嫌がらせ」が起こった場合はいじめに発展することもあります。

  • 「嫌がらせ」の読み方

「嫌がらせ」の読み方

これは「いやがらせ」と読みます。

ひらがなで描かれることも多いですのでぜひ覚えておきましょう。



「嫌がらせ」の表現の使い方

これは「わざと相手に対して不快な思いをさせる」という意味になります。

例えばクラスの中で特定の人に対し、「嫌がらせ」をすれば、それは多くの場合いじめになります。

その生徒の教科書等持ち物を隠す、馬鹿にした発言をする、などということになればそれは「嫌がらせ」になりますよね。

近所の人に対して「嫌がらせ」が起こることもあるかもしれません。

壁に落書きをされた、ピンポンダッシュをされた、などとなればそれは明らかな「嫌がらせ」になります。

「嫌がらせ」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「嫌がらせ」を使った例文1
  • 「嫌がらせ」を使った例文2

「嫌がらせ」を使った例文1

「あのおばあさんは大きな音を立てて近所に嫌がらせをしていたが最近は静かになったらしい」

夜になっても大きな音を立て、近所から苦情が来るほどの状態にしてしまうと、それは明らかな「嫌がらせ」になります。

例えば、電話なども他人の家に電話をするときは夜の8時ぐらいを目処にした方が良いと言われますよね。

ピアノを弾く場合なども、夜遅くなりすぎないようにしなければいけません。

あまりにもマナーを守らなければ、近所に対する「嫌がらせ」かと思われてしまうこともあるのではないでしょうか。

「嫌がらせ」を使った例文2

「嫌がらせはやめたほうがいい」

そもそも、他人に対して「嫌がらせ」はやめなければいけません。

他の人をわざと不快にさせるようなことをすれば、いつか自分にその仕返しが返ってくることもあります。

また、どのような理由があっても、わざとその人を不快にするような言動は避けるべきです。

もしも「嫌がらせ」をしているような人がいたら、しっかりとした態度を貫きたいですね。



「嫌がらせ」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「いじめ」
  • 「当てこすり」【あてこすり】

「いじめ」

「いじめ」というのは自分よりも弱いものに対し、暴力や「嫌がらせ」を加えて心理的、身体的に苦痛を与える行為を指しています。

学校では「いじめ」をなくすための様々な取り組みがなされています。

「当てこすり」【あてこすり】

「あてこすり」というのは皮肉や当てつけなどを意味する表現です。

「あてこする」というのは遠回しに悪口や皮肉をいうということであり、人が迷惑に感じるようなことをする、という意味になります。

icon まとめ

「嫌がらせ」は深刻な問題です。

ご近所トラブルにつながることもありますし、子供の場合はいじめにつながることもありますので、注意していかなければいけません。