意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お人好し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「お人好し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「お人好し」という言葉を使った例文や、「お人好し」の類語を紹介して行きます。

お人好し

Meaning-Book
「お人好し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「お人好し」とは?
  • 「お人好し」を使った例文や短文など
  • 「お人好し」の類語や類義語・言い換え


「お人好し」とは?

「お人好し」という言葉を知っているでしょうか。

「お人好し」な人の顔が浮かんだかもしれません。

一方で、「お人好し」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「お人好し」という言葉の意味を紹介します。

  • 「お人好し」の読み方
  • 「お人好し」の意味

「お人好し」の読み方

「お人好し」「おひとよし」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「お人好し」「おひとよし」と読みましょう。

「お人好し」の意味

「お人好し」という言葉の意味を紹介します。

「お人好し」には、「気の良い人」という意味があります。

また「利用されたり騙されたりする人」という意味があります。

気が良すぎて、誰かに利用されがちな人は「お人好し」になります。

このように「お人好し」という言葉には、「気の良い人」「利用されたり騙されたりする人」という意味があります。



「お人好し」を使った例文や短文など

「お人好し」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「お人好し」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「お人好し」を使った例文1
  • 「お人好し」を使った例文2

「お人好し」を使った例文1

「彼氏のことが好きだが、『お人好し』なのが心配だ」

この例文に登場する女性は、「お人好し」な彼氏のことが好きな様子です。

「お人好し」の長所である、気の良さを気に入っているのでしょう。

一方で「お人好し」の短所ともいえる、騙されやすさを心配しているのかもしれません。

「お人好し」を使った例文2

「『お人好し』で騙されがちだが、大成する人かもしれない」

この例文に登場する人は、「お人好し」のため、騙されたり利用されたりして、現在は苦戦しているようです。

しかし、好人物であり、好かれる気の良い人のため、最終的に人に恵まれて、大成するかもしれません。

「お人好し」の類語や類義語・言い換え

「お人好し」の類語や類似表現を紹介します。

「お人好し」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「正直者」【しょうじきもの】
  • 「好人物」【こうじんぶつ】

「正直者」【しょうじきもの】

「正直者」には、「嘘をついたり偽ったりしない、正直な性格の者」という意味があります。

「馬鹿が付くくらいの正直者」という時は、少し損をするほどかたくなに嘘をつかない、正直な性格の人という意味があります。

「好人物」【こうじんぶつ】

「好人物」には「気立てのよい人」という意味があります。

「Aさんは好人物だ」という時は、Aさんは気立てのよい人だという意味があります。



icon まとめ

「お人好し」という言葉について見てきました。

気の良い人や、素直で騙されやすい人を見た時、「お人好し」という言葉を使ってみましょう。