意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「落ち着きがない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「落ち着きがない」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

落ち着きがない

Meaning-Book
「落ち着きがない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「落ち着きがない」とは?
  • 「落ち着きがない」の表現の使い方
  • 「落ち着きがない」を使った例文と意味を解釈
  • 「落ち着きがない」の類語や類義語


「落ち着きがない」とは?

「落ち着きがない」の概要について紹介します。

  • 「落ち着きがない」の読み方
  • 「常に動き回っている様子」の意味
  • 「性格がせっかちな人」の意味
  • 「落ち着きがない」の言葉の成り立ちを解釈

「落ち着きがない」の読み方

「落ち着きがない」「おちつきがない」と読みます。

「落ち着きが無い」「落ち付きがない」「落ち付きが無い」などと表記されることもありますが、どれも同じ意味です。

「常に動き回っている様子」の意味

常にじっとしていられずに、忙しそうに動き回っていることを言います。

やることがあり過ぎて行動していることもありますが、性格的にじっとしていられなくて絶えず動き回っていることもあります。

「性格がせっかちな人」の意味

性格的にせっかちで、様々なことを気にしていることを言います。

常に「あれはどうしたかな」「これは大丈夫かな」と気にするので、一緒にいる人の方が疲れてしまいます。

「落ち着きがない」の言葉の成り立ちを解釈

「落ち着きがない」「落ち付き+が(助詞)+ない」で成り立っています。

「落ち着き」は動詞「落ち着く」の名詞形で「気持ちや態度が安定している状態」「ものごとが調和している状態」「ものごとの行きつくところ」という意味があります。

これらの言葉を打ち消す「ない」が付くことにより、「気持ちや態度が安定しない状態」「調和していない状態」「ものごとの結末がつかない状態」という意味で使われているのです。



「落ち着きがない」の表現の使い方

「落ち着きがない」は、気持ちや心の状態の他に、その人の状況にも使われます。

「職業や住所が定まらない時」や、「定職につかない時」にも使われます。

また、多くの選択肢があり意見が分かれていたものがやっとまとまった時に「最初の案に落ち着いた」と使うこともあります。

「落ち着きがない」を使った例文と意味を解釈

「落ち着きがない」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「落ち着きがない」を使った例文1
  • 「落ち着きがない」を使った例文2

「落ち着きがない」を使った例文1

「彼は机に座っていても落ち着きがない」

いつもせかせかとしていて、椅子に座ってもキョロキョロ周囲を見回したり貧乏ゆすりをしたりと、じっとしていられない性格であることを表しています。

「落ち着きがない」を使った例文2

「小さい子供が落ち着きがないのは仕方ない」

小さな子供がすぐにぐずったり、動き回ったりするのは脳がまだ発達していないので仕方のないことであるという意味です。



「落ち着きがない」の類語や類義語

「落ち着きがない」の類語を紹介します。

  • 「不安定」【ふあんてい】
  • 「せわしない」

「不安定」【ふあんてい】

「ものごとの状態が一定していないこと」という意味です。

「せわしない」

「忙しい」「動き回っている状態」「絶え間なく続くこと」という意味です。

icon まとめ

「落ち着きがない」「常に動き回っている様子」「性格がせっかちな人」という意味です。

いつも忙しそうにしている人に対して使ってみましょう。