意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内輪揉め」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「内輪揉め」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「内輪揉め」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「内輪揉め」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「内輪揉め」とは?
  • 「内輪揉め」の表現の使い方
  • 「内輪揉め」を使った例文と意味を解釈
  • 「内輪揉め」の類語や類義語


「内輪揉め」とは?

「内輪揉め」とは家族、仲間同士といった近い間柄の争いのことを言います。

  • 「内輪揉め」の読み方

「内輪揉め」の読み方

「内輪揉め」と書いて「うちわもめ」と読みます。



「内輪揉め」の表現の使い方

「内輪揉め」とは、家族間、仲間同士、同じ会社の中といったように本来なら味方であり、近い関係性にある者たちがする争いのことです。

使い方としては「内輪揉めを起こす」「内輪揉めをしている」「内輪揉めが続いている」という風になります。

「内輪揉め」を使った例文と意味を解釈

それでは「内輪揉め」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「内輪揉め」を使った例文1
  • 「内輪揉め」を使った例文2

「内輪揉め」を使った例文1

「内輪揉めがこじれると、たちが悪く修復は難しい」

「内輪揉め」とは家族、仲間同士の争いのことですが、それだけ近い関係性にありますと、言いたい放題になってしまいやすいのです。

お互い遠慮がなく暴言を吐いてしまう為、こじれてしまうと修復が難しくなります。

「内輪揉め」を使った例文2

「どうもあの会社、内輪揉めで今ごたごたしているみたいなんだよ」

内部で揉めていることを「内輪揉め」と言いますが、会社内でそのようなことが起こる可能性もあります。

部長派、専務派といった派閥のようなものがあれば、派閥争いといった言葉でも言い表すことができます。

当たり前と思われるかもしれませんが、社内でごたごたしていれば仕事に悪影響も出ることでしょう。



「内輪揉め」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「内輪揉め」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「仲間割れ」【なかまわれ】
  • 「内部抗争」【ないぶこうそう】
  • 「お家騒動」【おいえそうどう】

「仲間割れ」【なかまわれ】

「仲間割れ」とは仲間同士が争い分裂をすることを言います。

「あれだけくっついていたのに、どうやら仲間割れしたらしい」「やっぱり仲間割れを起こしたか」などと使います。

「内部抗争」【ないぶこうそう】

「内部抗争」とは仲間うちで、抵抗し争う、張り合って争うといったことを言います。

「内部抗争に私は負けたので左遷された」「内部抗争なんて、みっともない真似は止めなさい」という風に使います。

「お家騒動」【おいえそうどう】

「お家騒動」とは一つの家庭、組織といった中での勢力争いのことを言います。

「あの会社はお家騒動で名前が有名になったなあ」「お家騒動の後、双方の家族、社員は今どうしているのだろう」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「内輪揉め」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。